Porsche - エルツ山地への小旅行。
エルツ山地への小旅行。

エルツ山地への小旅行。

Andreas Müller
Andreas Müller さんは、顎ひげ文化の盛況から恩恵を存分に受ける人物です。兄弟の Christian と共に、今や三代目として Mühle Rasurkultur の店舗を経営しています。私たちは彼のカイエンS に乗り込み、エルツ山地のお気に入りの場所へ向かいました。Porsche Connect は険しい地形について教えてくれるので、運転しながらも道路や路面状況がよくわかります。
Porsche - エルツ山地への小旅行。
Andreas Müller さんは、ロッテルダム港で、自身の白いポルシェ 356 B を一目見た瞬間、感動を覚えました。彼は数か月前、ほとんど見たこともないこのクラシック カーを購入。たった数枚の写真ですが、彼の鼓動を躍らせるのには十分でした。「356 はクラシックですが、決してゆっくり走っているようには感じません。私はいつもこの並外れたパフォーマンスに魅了されてきました。356といれば常に喜びを感じることができます。」と、カイエンS に乗り込みながら、彼は語ります。今日の私たちの目的地は、彼の少年時代のとっておきの場所の一つ、ザクセンのエルツ山地です。
[+]

安らぎと静けさを楽しみましょう。ポルシェ アプリ コネクトで、Andreas Müller さんはエルツ山地の美しい斜面を十分に堪能できます。

すべては出発前にチェック済み。
Müller さんはポルシェ コネクト アプリを使用して、オフィスを出発する前に予めお気に入りの場所へのルートを設定していました。残りの距離、オイル レベルと走行距離はチェック済みです。「カー リモート パッケージを使用すると、旅程の隅々まで、詳細な計画を出発前に立てることができます。これは道路に出てからのストレスを大幅に減らしてくれます。私たちの頭はいつも他のことで埋められています。だから、次のガソリンスタンドがどこにあるのか、どこに良いレストランがあるのか考えなくて良いのは非常にありがたいことです」と Müller さんは言います。
[+]

「カー リモート パッケージを使用すると、旅程の隅々まで至る詳細な計画を出発前に立てることができます。これは本当に便利で、路上に出てからのストレスを大幅に減らしてくれます。」

雪道を進みます。目的の場所に近づくにつれ彼の歩幅は広く、ペースは速くなります。おそらく彼は目隠しの状態でも展望台まで辿り着くことができるでしょう。しかしそれでも彼はポルシェ コネクト アプリのルート プランナーに「Viechzig」と入力しました。Hundshübel の村で狭い小道の終わりにさしかかる頃、Müller さんは別世界に入り込んだようでした。彼は遠くを見つめています。

細部まで宿る完璧さ

[+]

彼の今日のプランは、Mühle 工場の Instagram アカウントのための新しい写真を撮ることです。Müller さんは屈んで、雪を両手いっぱいに握り、展望台の木製テーブルの上に広げます。彼は太陽の光を確認しながら、写真に影ができすぎない良い位置を探しています。「木製ハンドルのブラシは屋外で撮影します。これが一番です」と彼は説明します。

素晴らしい写真が撮れました。Müller さんは小道を戻りますが、今度はずっとゆっくり進みます。彼は黙って歩きながらわずかに体を揺らし、自分のスマートフォンを見つめます。彼はポルシェ コネクト アプリを使ってリスク レーダー機能を起動します。「どのポルシェでも、道路と強くつながっていることを本当に感じられます。すべてのポルシェは、スポーティーでダイレクトなドライビングを与えてくれます。その仕組みは私にはわかりませんが、それがポルシェ伝説のすべてなのです」と彼は言います。「356 を運転しているとき、見知らぬ人が私に手を振ったり、ヘッドライトを点滅させたり、サムアップしてくれたりします。ポジティブな反応ばかりです。」 カイエン S では、彼は 356 にはないテクノロジーに魅了されています。「運転手と車両をつなぐデジタルインターフェースは、細部に至るまで完璧です。」

[+]

世界共通の認定シール
このミルは家業のシンボルとなりました。

「Made in Germany」は信頼の象徴

Mühle では、世界中から寄せられたフィードバックが会社の発展とブランドの形成に活かされています。「品質の証しである「Made in Germany」はアジアで高く評価されており、信頼の象徴です。中国のウェット シェービングのトレンドにタイミング良く乗れたことも幸運でした。」

神学部の学生であった Müller さんですが、今や工業デザインの勉強を主とし、製品デザインとパッケージングに重点的に取り組んでいます。「費用対効果、形状の仕上げ、感触、試用する材料を考慮して…」彼はそう言ってからしばし口をつぐみ、それから自分の言葉に笑い声を上げます。「私は何を言っているんだろう。 「とにかく、私はこれらすべてをやっています。」彼が何を学ぶことを選んだとしても、3 人の子の父親がその後家業のために働くことは必然的なことでした。「一番大切なのは家族です。それより大切な理由などありはしませんでした。」

「ドライバーとポルシェをつなぐデジタルインターフェースは、細部に至るまで完璧なのです。」

ここでは MY 2019 Cayenne Turbo S について説明されており、ドイツでのサービスの可用性を示しています。