Porsche 完璧な波と一体になる。

完璧な波と一体になる。

Connect
リーディング時間: 5 分
2019/1/5
完璧な波と一体になる。
 

Ken Hake。 彼は世界中の海を見てきました。それでも Ken Hake さんは、彼の旅の始まりの場所であるジルト島に戻ってきたことを幸せに思っています。ときに人は最終的な場所にたどり着く前に回り道をするものです。今日では、ポルシェ コネクト アプリがお手伝いします。その日、私たちは Ken さん最愛の 911 ではなく、彼のサーフボードをカイエンターボ に積み込みました。

ファースト マイル。 Ken さんの父親が彼のポルシェ 911 をガレージから出して、Ken さんが所有する 25 枚のサーフボードから数枚を取り出して カイエン に積み込めるようにします。これは普通の911 ではありません。 200 台限定の 964 Turbo 3.3 のうちの 1 台で、ex-works パワー キットを装着しているのです。

さて私たちはKen さんをこれから 24 時間、彼の 911カレラ から引き離さなくてはなりません。これからカイエン と一仕事こなす必要があるためです。今日、Ken さんは Porsche Connect を体験します。彼はもう宿題を終え、今日のルートはすでにポルシェ コネクト アプリで計画済みです。私たちの経由地は、あらゆるサーファーの究極の目標、つまり完璧な波です。

「スマートフォンから車両の Connect システムへの移行がシームレスであることや、いとも簡単に目的地に到着できることに驚いています。」

「私が子供だった頃、父はまだ行き方を見つけるのに紙製の地図を使っていました。ありがたいことに、そんな日々は終わりました。ソファに座りながらスマートフォンを使って新しいルート設定を行えるなんて、素晴らしいことだと思います。あとはただ車に飛び乗って走り去るだけです。」スマートフォンの画面を眺めながら、この 39 歳の男性は言いました。

ラスト マイル ナビゲーションはポルシェが提供するアプリベースのサービスです。これは車の運転中、そして駐車後目的地までの最後の数メートルのシームレスなナビゲーションを約束します。「このアプリは非常によく統合されています。スマートフォンから車両の Connect システムへの移行がシームレスであることや、いとも簡単に目的地に到着できることに驚いています。」今や未知のサーフィン スポットを見つけるのも Porsche Connect 頼みである Ken さんは言います。スマートフォンによって拡張されたナビゲーションは、最後の 1 マイルどころか最後の 1 メートルまで案内してくれます。もちろん水辺まで到達したら、自分自身でどうにかしないといけませんが。

「私はポルシェ ブランドを深く愛しています。しかし私にとってそれはすべて情熱に関することであり、ステータスやシンボルとしてのポルシェではありません。」

ジルトは約 70 年前のドイツのサーフィン シーン発祥の地でした。Ken さんは歩くことをマスターしてほどない頃から、スケートボードとサーフィンを習いはじめました。彼はやがてドイツのサーフィン チャンピオンとなり、ナショナル チームのメンバーにもなりました。18 歳の時、彼はアメリカのサンディエゴに移り、スケート ショップでパートタイムで働きながらビジネスとマーケティングを学びました。2010 年、彼は断るにはあまりに好条件な仕事のオファーを受けて、彼のルーツの地により近いハンブルクに戻り、現在妻と娘とともに暮らしています。彼は現在自身のレーベル、Marine Machine を経営し、ファッション業界のエージェントとして働いています。

サーフィンやスケートボードの愛好者であることに加えて、彼は空冷のポルシェ車にも情熱を傾けています。この情熱が彼を刺激して、友人 Angelo Schmitt と共同で 2018 年ジルト島で第 1 回のペトロサーフ フェスティバルを開催するに至りました。「世界にはクールなオートバイ フェスティバルやサーフィン フェスティバルが多数ありますが、空冷ポルシェとサーファーが集まるイベントは他にありません。そこにはポルシェ ブランドに熱を上げ、空冷モデルを愛する人々が大勢いるのです。特別な集まりにふさわしい時期でした」と Ken さんは説明します。「 911 は私に自由を与えてくれます。911をドライブすることは本当に楽しいのです。これは私の機械仕掛けの兄弟のようなものです。」ペトロサーフ - Petrol、Retro、Surf という言葉の組み合わせは、2 つの情熱的な文化の合体、そして人生に対する姿勢の表現であると Ken さんは考えています。Ken さんはすでに第 2 回ペトロサーフ フェスティバルの開催を 2019 年 7 月に計画しています。

ここでは MY 2019 Cayenne Turbo について説明されており、ドイツでのサービスの可用性を示しています。

記事をシェアする