メニュー
モデル
メニュー
Porsche - クラシック プロジェクト ゴールド

クラシック プロジェクト ゴールド

ルールには特例があります。
そしてその特例にはさらに特例があります。

Porsche - クラシック プロジェクト ゴールド Porsche - クラシック プロジェクト ゴールド Porsche - クラシック プロジェクト ゴールド

数か月間にわたって秘密にされてきましたが、その時期は終わりました。秘密のベールを脱ぐのは、極めて異例の自動車プロジェクト、「クラシックプロジェクトゴールド」。

いったいどのようなものなのでしょう。ここで、「クラシックプロジェクトゴールド」の舞台裏をご覧ください。それぞれの製造工程のすべてを映像と写真でご覧いただけます。

開発とは、一歩一歩前進すること。

Porsche - ビジョン。発見され、高められる。
ビジョン。発見され、高められる。
Porsche - 洗練。ラッカーとレーザー。
洗練。ラッカーとレーザー。
Porsche - クラフトマンシップ。縫い目とステッチ。
クラフトマンシップ。縫い目とステッチ。
Porsche - コーティング。保護と保全。
コーティング。保護と保全。
Porsche - マリッジ。エンジンと電気系統。
マリッジ。エンジンと電気系統。
Porsche - 唯一無二。
唯一無二。
Porsche - ワールドプレミア。
ワールドプレミア。
Porsche - オークション。
オークション。

ビジョン。

クリアで明確。
未だかつてないクルマの誕生を経験してください。クラシックなボディから生まれたインスピレーションをポルシェのデザイナーがカスタマイズしました。

洗練。

ラッカーとレーザー。
現代の塗装は、ハイテクと職人技が融合しています。「クラシックプロジェクトゴールド」のブラックのリムを仕上げる場合、表層のブラックコーティングをレーザーで精密に除去することによって、ゴールドのデザインが浮き彫りになります。

クラフトマンシップ。

縫い目とステッチ。
スタイル ポルシェのデザイナーがシートをデザインし、ポルシェ クラシックファクトリーレストアのエキスパートがそれを実現します。手間のかかるシートの革張りと内装は、自社のインテリア加工所で手作業により行われました。ブラックにゴールドをあしらった加工は、細部まで心を込めて仕上げられています。

コーティング。

保護と保全。
ポルシェらしさ: 「クラシックプロジェクトゴールド」の品質とケア。ボディシェルはポルシェ工場のカチオン電着塗装に送られます。これによってボディシェルには現在の量産車と同様にハイエンドのボディコーティングが施されます。これに要する時間は数時間ですが、トータルでは、個々の車両の組立てには約1年半かかりました。

マリッジ。

エンジンと電気系統。
ボディとエンジンはポルシェ クラシックファクトリーレストアで一体化されます。この作業は「マリッジ」と呼ばれています。ポルシェ クラシックのスペシャリストは、完全に構造を一新した331 kW (450 PS) の3.6リッター6気筒ツインターボエンジンを組み込みました。

「ポルシェ クラシックプロジェクトゴールド」。

唯一無二のクラス。
ポルシェ クラシックは、純正ボディシェルと純正交換部品をベースにして、空冷式エンジンを搭載した最後の911ターボを製造しました。これはタイプ993の量産が終了してから20年後でした。タイプ991の911ターボSエクスクルーシブシリーズのデザインからインスピレーションを得て、特別なゴールドのメタリックカラーが車両の個性を際立たせています。911ターボ クラシックシリーズは、「70年代のポルシェ スポーツカー」に対する見事なオマージュです。

2018 年 9 月 27 日

ワールドプレミア。
この車が初めて一般に公開されます。

2018 年 10 月 27 日

オークション。

「ポルシェスポーツカー 70 周年」記念の機会に、この車はポルシェエクスペリエンスセンターアトランタ (米国) での RM サザビーズのオークションで、70 台のポルシェの 1 台として競売にかけられました。2,589,027 ユーロの純益は、フェリー・ポルシェ公益財団に寄付されました。

詳しく