メニュー
モデル
メニュー

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


ポルシェミュージアムへの無料入場 – Instagramのデジタルライブツアーを実施2020年5月17日、第43回国際博物館の日

ポルシェAGのポルシェミュージアムは第43回国際博物館の日となる2020年5月17日(日)に、無料ですべての人に門戸を開きます。今年のテーマである「平等を実現する場としての博物館:多様性と包括性」に沿って、デジタルライブツアーが同日にInstagram(@porsche museum)で開催されます。ポルシェファンの皆様は、世界各地のあらゆる場所からポルシェのブランド理念と価値を過去から未来へとどのように伝えているかを体験することができます。

「旅行がかつてないほど困難になっている現状において、デジタルの多様性が従来にも増して重要になっています。」とポルシェミュージアム館長のアヒム・ステイスカルは述べています。「ポルシェは、コロナ危機以降だけでなく、何年にもわたってデジタルにおけるサービスの拡大を一貫して推進してきました。私達は『ミッション・フューチャー・ヘリテージ』に全力で取り組みます。ツッフェンハウゼンにあるポルシェミュージアムだけにとどまらず、ブランドの遺産と未来を示すために最新のチャンネルを活用したいと考えています。」

Instagramのライブでは、2名のガイドがドイツ語と英語で1時間ずつ展示をガイドします。ミュージアムには現在、5,600㎡を超える展示エリアに80台以上の車が展示されています。ガイドたちは、特別展示を閲覧しながら、ポルシェの歴史についての知識を提供します。デジタルライブツアーには、プロトタイプ、小さな展示品、レーシングカー、市販車が含まれます。興味のある方は誰でも、ドイツ時間午後6時30分(日本時間5月18日午前1時30分)にドイツ語で始まる最初のツアー、またはドイツ時間で0時0分(同午前7時0分)に英語で始まる2回目のツアーをご覧いただくことができます。「全ての人のための博物館」という標語に忠実に、時間は意図的に通常の営業時間外に設定されています。

ツアーは、日本語、中国語、フランス語、イタリア語、クロアチア語、ルーマニア語、スペイン語、ポルトガル語、トルコ語の各言語でも録画され、デジタルライブツアー当日以降Porsche News TV(https://newstv.porsche.com/en/)で視聴することができます。「ポルシェミュージアムには、これらの各言語のネイティブスピーカーがいます。世界中のファンの皆様に感謝するために動画を使用して、ポルシェミュージアムの一部をご自宅にお届したいと思います」とステイスカルは説明します。

国際博物館の日は、博物館が行う幅広い活動や世界中の博物館のテーマの多様性に注目を集めるため、ICOM(国際博物館会議)によって毎年開催されています。この日曜日には、ドイツ全土の博物館が特別な催しや展示、舞台裏の紹介などを行います。ドイツ連邦議会議長のDr.ディートマー・ヴォイドケは、国際博物館の日を後援しています。

詳細情報についてはポルシェ ニュースルーム(newsroom.porsche.com)をご利用ください。


<お客様からのお問い合わせ先>
ポルシェカスタマーケアセンター 0120-846-911 / HP http://www.porsche.com/japan/

2020/5/15