メニュー
モデル
メニュー

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


ポルシェがポディウムフィニッシュでランキングトップを守る世界耐久選手権(WEC)2019-2020シーズン第2戦 富士 GTEクラス決勝

ポルシェAGの911 RSRは、富士スピードウェイにおける世界耐久選手権(WEC)2019ー2020年シリーズ第2戦決勝のGTE-Proクラスにおいて2位に入り、チャンピオンシップ争いで首位を守りました。ゼッケン92の911RSRをドライブするケヴィン・エストル(フランス)/ミカエル・クリステンセン(デンマーク)組は6番グリッドからスタートした6時間レースを2位でフィニッシュし、ドライバーズタイトル争いでトップとなりました。シーズン開幕戦のシルバーストーンで優賞したゼッケン91の911 RSRを駆るリヒャルト・リーツ(オーストリア)/ジャンマリア・ブルーニ(イタリア)組は、6位でゴールしました。カスタマーチームのプロジェクト1はGTE-Amクラスで3位に入り、表彰台に上っています。

クリステンセンとエストルは富士スピードウェイで目覚しい活躍を見せました。市販モデルの911GT3 RSをベースに開発され、およそ515psの発生する911RSRはGTE-Proクラスのグリッド最後尾からのスタートにも関わらず、レース開始から2時間が過ぎた頃に降り出した雨に最適だったタイヤ選択に加え、セフティカーが入ったタイミングでの見事なピット戦略が功を奏しました。開幕戦の勝者でありポールポジションからスタートしたリーツとブルーニにはタイヤのパンクやドライブスルーペナルティー、エンジンのミスファイやなど様々な困難が襲い掛かり6位でチェッカーフラッグを受けました。今シーズンの2レースを終えた時点でポルシェはマニュファクチュアラーランキングで首位をキープしています。ドライバーズランキングではクリステンセンとエストル組は僚友のブルーニ/リーツ組を抜いてトップに立ちました。

GTE-AMクラスではプロジェクト1の57号車を駆るフェリペ・フラガ(ブラジル)とベン・キーティング(アメリカ)、ジェローン・ブリークモレン(オランダ)がクラス最後尾からレースをスタートしましたが、3位となり初めて表彰台に上がりました。ポルシェヤングプロッフェショナルのマッテオ・カイローリ(イタリア)が2名のチームメイトとドライブするもう一台のプロジェクト1の911RSRは7位でした。デンプシープロトンは5位と7位、ガルフレーシングは8位でした

E|WECの2019-2020年シーズン第3戦は上海にて11月10日に開催される予定です。

決勝後のコメント
フリッツ・エンツィンガー(ポルシェモータースポーツ バイスプレジデント):「シルバーストーンでのワン・ツーフィニッシュの後、ここ富士でもニュー911RSRは表彰台に上がりました。マニュファクチュアラー選手権では首位を維持し、ドライバーズ選手権でも我々のドライバーがトップに立っています。車はバランスに優れているので自信を持って中国でのレースに挑みます」。

パスカル・ツーリンデン(GTワークスチームディレクター):「レース結果は期待とおりにはなりませんでしたが、92号車が2位に入り満足しています。開幕では1位と2位、富士では2位となり911RSRは素晴らしいシーズンのスタートを切りました。次戦にはモチベーションが高い状態を維持して望みます」。

アレキサンダー・シュテーリッヒ(WECオペレーションマネージャー):「土曜日はポールポジションを獲得し、日曜日は2位でフィニッシュ。これは喜ばしいことです。92号車は万事が順調だった一方で91号車はトラブルに見舞われました。パンクによるダメージ、ドライブスルーペナルティー、そしてエンジンのミスファイヤとすべてが悪い方向に進んだのです。今シーズン分の不幸がまとめて過ぎ去ったと思うことにして、上海では全力を尽くします」。

ジャンマリア・ブルーニ(ポルシェ911RSR、#91):「レース序盤は順調でライバルたちとバトルを繰り広げ、長きに渡りトップを走行しました。しかしペナルティーとパンクに見舞われ、次にはエンジンがミスファイヤを発生しチャンスは消え去ったのです。新型モデルにトラブルは付きものですが、残りのシーズンを戦うにあたり車のポテンシャルが非常に高いことは重要です」。

リヒャルト・リーツ(ポルシェ911RSR、#91):「土曜日のポールポジションの後、日曜のレースは残念の一言です。ペースは優れていましたが、ペナルティーやパンク、ミスファイヤなどが我々を襲い、6位に終わってしまいました」。

ケヴィン・エストル(ポルシェ911RSR、#92):「予選が悪かったため、ライバルたちより1セット少ないニュータイヤで決勝をスタートしました。この不利な状況を素晴らしい戦略と優れたピットワークで挽回しました。2戦連続での2位フィニッシュしドライバーズタイトルで首位に立ちました。最後までこのポジションを主旨したいですね」。

ケヴィン・エストル(ポルシェ911RSR、#92):「クラス最後尾スタートから2位でゴールするにはレースにおいてすべてを正しく行う必要があります。戦略が素晴らしく、ドライバーも終始フルアタックしました。ケビンとともにタイトル争いで首位に立っているので、文句のつけようがありません」。


レース結果:
GTE-Proクラス
1. ソーレンセン/ティーム (デンマーク)、アストンマーティンバンテージ、 211 周
2. クリステンセン/エストル (デンマーク/フランス)、ポルシェ911RSR、 210周
3. リン/マルタン (イギリ/ベルギー) 、アストンマーティンバンテージ、 210周
6. リーツ/ブルーニ (オーストリア/イタリア)、ポルシェ911RSR、 208周

2019/10/6