メニュー
モデル
メニュー
Porsche - プレスリリースを読む

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


日本国内でポルシェ初の電気自動車「ミッションE」を2020年に発売決定2025年までに全モデルラインナップの50%を電動化に

日本. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、ポルシェが全世界で2025年までにモデルラインナップの50%を電動化することを目標に掲げるなか、ポルシェ初の電気自動車「ミッションE」を2020年より日本国内において発売することを決定しました。

ミッションEは、2015年のフランクフルト・モーターショーで初めて発表された、ポルシェ初の純電気駆動システムを搭載する電気自動車です。2015年からル・マンを3年連続で制した919ハイブリッドや918スパイダーのテクノロジーを受け継いだ電気自動車のコンセプトモデルとして公開され、2018年のジュネーブ・モーターショーでは、CUVタイプの派生版であるミッションEクロスツーリスモが公開されました。

ミッションEは、4ドア、4セパレートシート、440kW(600PS)のシステム出力により、静止状態から100km/hまで3.5秒未満での加速を実現。最大航続距離を、500km以上(NEDC準拠)を実現し、実用性を兼ね備えた電気自動車です。このミッションEを2020年より日本国内のポルシェジャパン正規販売店において販売開始致します。

1900年のパリ万博で発表された世界初の走行可能なフルハイブリッドカー、ローナーポルシェをはじめとして918スパイダー、カイエンS Eハイブリッド、パナメーラS Eハイブリッド、そしてル・マン3連覇を果たした919ハイブリッドなど、ポルシェはこれまでも積極的に電動化に取り組んできました。現在ポルシェでは、パナメーラ 4モデルと、欧州ではすでに発売が開始されているカイエンの1モデルを含めると、すでに5モデルのEV車を市場に導入しています。これを2025年までに、全モデルラインナップのうち、50%をプラグイン ハイブリッドモデルとミッションEなどの電気自動車とすることを目標として掲げます。

本年は、初めてポルシェの名を冠した356 No.1ロードスターが1948年にグミュント(オーストリア)で誕生してから70周年という記念すべき年となります。これまでも様々な革新的技術により時代を代表するスポーツカーを生み出し、マーケットをリードし続けてきたポルシェは、ミッションEの導入により純電気駆動システムを搭載する電気スポーツカーの分野においてもその地位を不動のものとします。

ポルシェ ジャパンは、ポルシェ誕生から71年目以降を見据え、お客様の期待を越えた歓びを提供するために、ポルシェブランドの情熱と革新性をもって勇敢に挑戦し続けます。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ ジャパン株式会社 広
報部/黒岩 真治、木内 洋治
TEL:03-5511-6912
ポルシェ ジャパンプレスサイトhttps://press.jp.porsche.com

2018/5/28