メニュー
モデル
メニュー

アクセル・ルンド・スビンダルとタイカン。

ライフスタイル
リーディング時間: 6 分
2019/9/26

アクセル・ルンド・スビンダルとタイカン。

特別な関係が描くストーリー。

オリンピック金メダリスト、世界王者、ワールドカップ総合覇者、不動のノルウェー人チャンピオン。アクセル・ルンド・スビンダルは、アルペンスキーのレースで幾多の勝利を収め、手にした称号は数え切れません。そんな彼は、山ではあらゆるものを目にし、体験し尽くしてきたと思っていました。ポルシェ初の電気自動車を見るまでは。

[+]

苦しさと喜びの共存。

スキーヤーと、そびえ立つ山。この2つには特別な関係が存在します。頂と谷は、人生の中で繰り返し経験するさまざまな感情と重なります。高揚と失望。喜びと悲しみ。山がもたらすのは、必ずしも幸せだけでないことを誰もが知っています。たとえアクセルほどの人物であっても。自身の限界を知り、それを超えるには代償がつきものです。転倒、怪我、失望。間違いなくスポーツにおけるマイナスの側面です。しかし、これらの苦しさこそが、より高みへ駆り立てる糧になるのかもしれません。「恐怖は、重要なものです。ただし、恐れを抱くのではなく、乗り越えることに意味があります。そのための強さを、自らの内側から湧き立たせるのです。そう、ハートの奥深くから。」

アクセルは、人生の半分を山で過ごし、世界最高峰のスキーヤーへと登り詰めました。アグレッシブな滑りでライバル達を破り、表彰台の頂点に立つ。歓喜の声援を浴びながら、両腕を高々と突き上げ、感情を解き放つ。まさに最高の瞬間です。何がこれほどスキー競技を特別なものにするのでしょうか? スタートを切れば、急勾配の谷を高速スピードで滑降し、メートル単位で調整しながら次々と旗門を通過します。理想のラインを取り、向かい風の影響を抑えるため限界まで身をかがめ、フィニッシュラインを駆け抜けます。この時点では、結果は彼には分かりません。観客の目が彼に注がれます。ただ一人を除いて、誰もが結果を知っているのです。彼は、抑えがたい感情のままスコアボードに目をやります。勝利か、敗北か。結果が明らかになる時が、スキーでは最も素直な瞬間かもしれません。「冷静を装うなんて不可能です」とアクセルは語ります。大切なのは、自分らしくあること。自身の心と忠実に向き合うことが、自身を前進させる助けになります。スポーツでも、人生においても。

[+]

「私にとってキャリア最高の瞬間の一つです」

ナショナルチームは、アスリートにとって最高の誇りといえるでしょう。少なくとも、アクセルには最も栄誉あることでした。代表に選ばれた彼は、突然、その思いを実感することになります。自身の部屋にポスターを貼っていたチェーティル・アンドレ・オーモットやラッセ・チュースなどノルウェーのトップスキーヤー達と、初日からテーブルを共にしたのです。代表チームの一員であるという喜びと自負が、より強く芽生えた瞬間でした。

「その出来事は、私にとってキャリア最高の瞬間の一つです。チームに入った最初の数週間、数ヵ月で感じたこと、そして自分が100%その一員であると実感できたこと。今でも人生のハイライトであり続けています」

その後、スキーファンの部屋に彼のポスターが飾られるまでに時間はかかりませんでした。スキー界のスター選手になりながらも、彼は自分に誠実であり続けます。決して飾らず、いかなる時も謙虚で正直。その姿勢が変わることはありませんでした。プロアスリートの道に進んでいなければ、スポーツを愛する一方、大学に入って勉学を志していたでしょう。アクセルは、多才でひたむきな性格でありながら、時に新たな発見や冒険を求めチャレンジします。

あらゆるレベルを常に高めるため、現状で立ち止まらず挑戦を続ける。彼の内なる闘志、進化への飽くなき欲求は、ポルシェ、そしてタイカンにも息づくスピリットです。また遥か先を見据え、革新を生み、全てが完璧になるまで技術を磨くスタイルも、タイカンに貫かれています。つまり、この新型ポルシェには、先駆的なテクノロジーだけでなく、計り知れないほどの情熱が注がれているのです。私達はアクセルに、情熱に乏しい世界クラスの技術と、技術では劣るチャンピオンのハート、この2つならどちらを選ぶか尋ねました。「私がレースでの勝利、メジャータイトルの獲得を望むなら、技術に欠けていたとしてもチャンピオンのハートを選びます。それがより重要なのです」。スキーのテクニックだけではなく、情熱とたゆみない献身も差を生み出します。冒険がなければ、何も得ることはできないのです。

Porsche - アクセル・ルンド・スビンダルとタイカン。Porsche - アクセル・ルンド・スビンダルとタイカン。Porsche - アクセル・ルンド・スビンダルとタイカン。

新時代の到来。

時は過ぎ、新しい時代が幕を開けようとしています。レーサーであった時も、フリーライダーである今も、変わらないのはスキーを愛する気持ちです。雪に覆われた山で、時にタイトに、時にワイドにコーナーを滑走していると自分だけの世界に入り込む、と彼は語ります。完璧なラインを取り、それに乗った時のように、全てが集中し一つになるのです。さまざまな要素が相互に作用し、単に組み合わされた以上のものが生まれます。つまり、あらゆる自分の長所が最適に生かされるのです。

彼が完璧なラインについて語った時、私達の脳裏にはデザインが浮かびました。完璧を創り出すために、全てを融合させる。心の高鳴りを覚えながら、私達がタイカンの話をすると、彼にも同じような感情が湧き上がりました。「タイカンには、誰もがポルシェに期待する美しいライン、つまり最高を突き詰めたラインがあります」。彼の期待は大きいものでしたが、タイカンの姿はそれを上回る感動を与えたのです。「タイカンを見ると、伝統ある自動車メーカーの美しいラインが目に入ります。しかし同時に、ほかの何かを感じ取ることもできます。革新的な何かを」。ポルシェにも新しい時代が到来します。アクセルは、私達の電気自動車へのアプローチが正しいものだと確信しています。「世界は目まぐるしく変化しています。そうした環境の中で、私達が変えなければいけないことは数多く存在します」と彼は語ります。パワフルな駆動力とポルシェならではのドライビングフィールが変わらず得られることに、一切の疑いを持つことなく。

[+]

魂が紡ぐつながり。

“The new Taycan. Soul, electrified”. 創り上げたものが、魂を持つことはできるのでしょうか。この質問をアクセルに投げかけると、彼はこう答えました。「可能です。私にとって、魂とは感動を生み出すものです」と。彼はタイカンのパワー、ハンドリング、デザインに心を揺さぶられました。「本当に素晴らしいものは、インパクトを与えます。実用的という魅力だけではなく、エモーショナルな刺激をもたらします。それが、ある種の魂を持ち、解き放つ時です。そして、人々を感動させるのです」

タイカンは、彼の心に強く響いたようです。そして、アクセルが山との間に築いたように、特別な関係が生まれたのです。私達を形づくり、存在意義を明確にするのは、まさにこうしたかけがえのない関係なのです。

記事をシェアする