歴史に戻る

ウェブスペシャルを続ける
ミッション2014。ポルシェのカムバック。ビデオをスキップする
ミッション2014。ポルシェのカムバック。

ポルシェは古い
記憶を甦らせてきました。

そして今、新しい時を刻み始めます。

10年以上の時を経て、ポルシェはFIA世界耐久選手権2014のLMP1クラスに復帰しようとしています。
すべての中で最も過酷なレース、ル・マン24時間レース。
私達の戦略は、ポルシェ車を開発するときと同じです。アイデアを出すところからスタートし、
あらゆるディテールに気を配り、そして過去と決別するのです。
ポルシェの原則。
ポルシェの価値観。
ポルシェのミッション。

インフラ。

舞台裏を公開。

私達のミッション。それは、ル・マンへの復帰 - 世界耐久選手権というトップクラスのモータースポーツへの復帰です。私達のスターティングポイント。それは、ヴァイザッハの研究開発センターとフラハトのポルシェ モータースポーツセンターです。この場所だからこそ、実現可能なことがあります。新型LMP1プロトタイプ。
LMP1を目標に定めたことで、研究開発センターのインフラはさらに拡充されました。スタッフにも新たな目標が与えられました。「ミッション2014。ポルシェのカムバック。」

マップ上のホットスポットで、私達のLMP1プロジェクトの舞台裏を覗くことができます。

テクノロジー。

総合コンセプトが重要です。

私達が世界最難関のレーシングシリーズに 復帰するまで、わずか数ヶ月となりました。そして、このレースが史上最も有名なレースであるといっても過言ではありません。私達は、ル・マンで16回優勝しています。しかし、今回、私達は改めて1からスタートします。ですから、私達の新型プロトタイプは、あらゆるポルシェが目指す究極のゴールを秘めています。それは、インテリジェントな総合コンセプトです。

最新の技術進歩をさらに掘り下げるため、および急進的な新レギュレーションのため、私達のエンジニアに極限の努力が求められました。
総合コンセプト
ドライブシステム
エアロダイナミクス
軽量構造
セーフティ

準備。

ひとつの使命 – ひとつのチーム。

装備、 ピットクルー、 レーシングドライバー、 エンジニア、そしてストラテジスト。チームの成功は、マシンが速いだけでは達成することはできません。エンジン同様、各構成要因が時計仕掛けのように一丸となって働かねばなりません。個々より重要なのがチームです。そのためには周到な準備が不可欠です。
サーキットのレイアウト
ドライバー
シミュレーター
ピットストップ

919ハイブリッド。

マシン。

これは、私達がFIA世界耐久選手権およびル・マン24時間レースにおいて、トップクラスのモータースポーツに復帰するためのマシンです。919ハイブリッド。これは、私達がFIA世界耐久選手権およびル・マン24時間レースにおいて、トップクラスのモータースポーツに復帰するためのマシンです。919ハイブリッド。それは、過ぎ去りし日々に私達のハートをつかんで離さない場所に復帰を遂げるためのマシンです。13.629kmのコース全長が私達にとって全てを意味します – ル・マン24時間。

開発に2年以上を費やしたポルシェ インテリジェントパフォーマンスの最新仕様、ル・マン・プロトタイプが私達の前に姿を現しました。

その華々しい風貌、先端テクノロジー、あるいはサーキットにおけるパフォーマンスのどれもが、舞台裏でさらに詳細に見てみる価値があります。
最新のハイライト
壁紙をダウンロードする
アイデンティティー
テクノロジー
伝統
ミッション

最新のハイライト

919ハイブリッドの公開

919ハイブリッドの公開シーンを見逃された方も ご安心ください。ここでイベントの映像を見ることができます。

LMP1 テストの舞台裏

その主人公の名前は、:

917:ポルシェに初めてル・マン総合優勝をもたらした車両。
918:ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで最速ラップを記録したロードカー。
スポーツカーの歴史を象徴する、連続した番号。この数字には、理想的なスポーツカーに可能な限り近づくための情熱が込められています。今日、この探求は919 ハイブリッドに受け継がれます。

LMP1プロトタイプには、ポルシェの60年におよぶモータースポーツの経験とル・マンにおける16度の総合優勝から学んだあらゆる知識が注ぎ込まれています。最先端のハイブリッドテクノロジー、妥協を許さないパフォーマンス、最大限の効率性など、未来のスポーツカーに必要とされる全ての条件を備えたインテリジェントな総合コンセプト。

名高い先代モデルに続く番号を冠するにふさわしいレーシングカー。ポルシェ 919 ハイブリッド。

ロール アウト

ポルシェが最高峰のモータースポーツに復帰するための「ミッション2014。ポルシェのカムバック」プロジェクト。新しいレーシングカーのプロトタイプのロールアウトは、大きなマイルストーンです。あらゆるアイデアが再検討され、あらゆるディテールが細かくチェックされました。このマシンは、ポルシェのワークスドライバー、ティモ・ベルンハルトがステアリングを握り、すでに最初のテスト走行を終えました。
壁紙をダウンロードする
ポルシェの原則。
ベストを尽くす。想像を超えた秘められた力を結集する。勝利を求めて進み、表彰台の上から次のチャレンジを探す。そして再び新たなアイデアを見出す。

これらは常に、ポルシェが偉大なことを成し遂げるための鍵となってきました。前に進むこと。新しい領域を制覇すること。真っ白のキャンバスからスタートしない芸術作品があるでしょうか? 白紙の状態からスタートしない偉大なアイデアがあるでしょうか?

これは65年以上にわたりポルシェを導いてきた原則です。あらゆるアイデア、テクノロジー、ディテールをテストすること。証明済み・常識だと思われていることを簡単に信用しないこと。その代わりに、決して立ち止まらないという決意を強くすること。革新を生み出すためのインスピレーションの源として、ポルシェの伝統を受け継ぐこと。そして魅力的なスポーツカーにたえず新しい命を吹き込むこと。それは、より効率に優れた駆動システムと、より軽量なボディ、ひと言で言えば、インテリジェントな総合コンセプトによって実現可能です。

このような原則に従い、ポルシェはモータースポーツに取り組んできました。すでに30,000以上のレースで勝利を重ねてきましたが、古いメダルにはこだわっていません。ル・マンでの16回の総合優勝の後も、ポルシェは次なる24時間レースに向けてストップウォッチをリセットしています。あたかもこれが初参戦であるかのようなつもりで復帰します。ただし、数十年間、たえず尊重してきた価値観を抱きながら。

チャレンジを求めていますか?

このメモリーゲームは、モータースポーツの歴史における様々なトピックを取り上げています。該当するペアを見つけ、消してください。しかも、できるだけ速く。
自己ベストを達成しましたか? 結果をFacebookで共有して、ご友人にもチャレンジするように呼びかけてください。

チャレンジする用意はできましたか?
ミッション2014メモリーチャレンジスタート
用意はできましたか?
スタートをクリックしてください。
スタート
おめでとうございます。
あなたのタイム
0.0 秒
ストップウォッチをリセットするときがきました。
より正確に言えば、未来に向けてセットするときです。
結果をFacebookに投稿するもう一度プレイする
時間切れ
です。
ゲームをリスタートする
あなたのタイム
あなたの最近の結果

詳しく見る:

ポルシェの価値観。
ポルシェのミッション。
ポルシェの価値観。
  • ポルシェの
    スピリット。
  • 原則の問題として。
    名声のためにではなく。
  • ポルシェのビジョンの
    ためのレースラボ。
スピリット。
原則。
ビジョン。

市販車のスピリット。

スポーツカーか、レーシングカーか。私達にとって、違いはありません。1台目のポルシェがレースに勝ったのですから。そして、サーキットで学んだことが市販車の開発に役立っているのですから。モータースポーツのスピリットは、あらゆるポルシェに息づいています。

原則の問題。名声のためではなく。

ポルシェはつねにモータースポーツに関わってきました。義務感からではありません。それが自然だったからです。有名になるためではありません。経験を求めていたのです。自己肯定のためではありません。絶えずチャレンジし続けたいのです。言わば、私達自身が打ち立てた原則のため、モータースポーツに取り組んできたのです。

ポルシェのビジョンのためのレースラボ。

理想のレーシングカーにさらに一歩近づくために。ポルシェのドライバーとエンジニアは、フェリー・ポルシェの夢を実現すべく、絶えず努力しています。新しいテクノロジーを駆使して。また新しい目標を定めて。そしてサーキットで違いを見せつける新しいビジョンを掲げて。未来のスポーツカーへの旅に向けて。

詳しく見る:

ポルシェの原則。
ポルシェのミッション。
ポルシェのミッション。
最初の1秒目から、私達は魅了されました。
ル・マン24時間レース。
私達にとって世界そのものである、13,621 kmによって。
私達は一体となって新しいミッションに取り組みます。
最高峰の耐久レース、FIA世界耐久選手権への復帰。そしておそらく世界で最も過酷な耐久レース、ル・マン24時間レース。

16回の総合優勝を収めたにもかかわらず、私達はアイデアを出すところからスタートする必要があります。野心的な目標と、しっかりと根を下ろした価値観を抱いて。
しかし私達は何よりも、あなたをこの長い旅に誘いたいという気持ちにかられています。それは私達が常に全てを注ぎ込んできた場所への旅です。

私達にとって第2の自宅のようになっている場所。サーキット。

私達のミッションに参加してください。ポルシェのモータースポーツファミリーの一員として。

詳しく見る:

ポルシェの原則。
ポルシェの価値観。
研究開発センター
新しいポルシェが生まれる場所へようこそ。
ヴァイザッハにあるポルシェ研究開発センター。そして、フラハトのポルシェ モータースポーツセンター。このふたつの拠点のつながり。単にテストコースが
アイデアを生み出し、破棄し、創造し、改善する4,000名の従業員の存在です。

今日の魅力的なスポーツカーと、明日の私達のビジョンのために。
あるということではありません。
テストコース。
量産車からレーシングカーまで。あらゆる新型のポルシェが、ヴァイザッハにあるテストコースで最初のテスト走行を行います。少しでもトラブルがあれば即時に対応できるよう、テストドライバーとエンジニアが密接に
連絡を取り合います。これが、最高のスポーツカーを開発し、レースのビジョンを現実に変える唯一の方法です。

バーチャルのパッセンジャーシートに座って、高速でテストコースを体験してください。
テストスタンド。
ヴァイザッハには、
すべてのタイプの
コンポーネントのための
テストスタンドがあります。
4WDテストスタンドでは、
ピットストップを含み、
完全なル・マンの
コースをテストドライブ
できます。
Alexander Hitzinger,
Director of Engineering LMP1
エンジン開発。
ドライビングシミュレーター。
新型のドライビングシミュレーターも開発中です。目的:車両で行われた変更をシミュレーションし、ドライバーのダイレクトなフィードバックを収集すること。モノコックのモーションプラットフォーム、ステアリングホイールおよびペダルで構成される高度なテクノロジー。シミュレーターは、
実車に近いドライビング体験を作り出します。また、これはサーキットのプロファイルと環境を正確に再現します。これを使って、ドライバーはあらゆるカーブ、あらゆるストレート、あらゆるシケインとあらゆるディテールに対する準備ができます。グリーンシグナルが点灯するずっと前に。
モータースポーツセンター。
モータースポーツの歴史は、数時間、数日、数週間で記すことはできません。
モータースポーツの歴史は、エンジニア達によって開拓されるものです。彼らは、フラハトのポルシェ モータースポーツセンターで長い間開発に取り組んできました。ここは、世界で最も大きな成功を収めたレーシングカーのいくつかが誕生した場所です。ここでは、2,800台以上の911 GT3カップカーが組み立てられ、世界中のカスタマーチームに納車されました。そして、ここはまた、ワークスチームのためにポルシェ GT車両の最先鋒である911 RSRが製造され、整備される場でもあります。

そのデビュー:世界耐久選手権(WEC)。これまでのハイライト:2013年のル・マン24時間でのGTE Proクラスでのワンツーフィニッシュ。これとGTE Amクラスでの勝利が、世界で最難関の耐久レースにおける99回目および100回目のクラス優勝でした。
フラハトでは、そこで満足して立ち止まることはありません。現在、私達はモータースポーツの世界最高峰であるWEC 2014への復帰に向けて準備しています。

ミッション2014の主役:ニューLMP1カー。生産台数ですか? 最小限です。開発費? 巨額です。ル・マン24時間でのトップに返り咲くためだけに、複雑なインフラを構築しました。短い距離:新型プロトタイプの開発とテスト走行を担うさまざまなLMP1部門は、新たなLMP1センターの同じ屋根の下に配置されています。

例えば、車両が製造され、かたちを現わすワークショップ。テストスタンド、風洞、および1周ごとに新たな発券が得られるテストコース。綿密な準備のためにチームが使用するドライビングシミュレーター。
高いモチベーションを持ったスタッフのチームがひとつのゴールに向けて努力しています。
「ミッション2014。
ポルシェのカムバック。」
LMP1インフラ。
LMP1センター。
130名以上のエンジニア、
必要な研究室、およびテストコース。
復帰に向けた調整は万全です。
Fritz Enzinger – Vice President LMP1
LMP1センターが、
私達のプロジェクトの
心臓部です。ひとつの
建物内で[車両の開発が
完結するというのは、
非常に珍しいことです。
これは、お互いの
きわめて距離が
短いことを
意味します。
Fritz Enzinger – Vice President LMP1
プロジェクトチーム。
LMP1ワークショップ。
ワークショップは、エンジン、
ギヤボックス、
高圧コンポーネントのみを
製造しているわけではありません。
ここで、車両を完全に組み立て、
テスト走行に向けて準備しています。
また、ピットクルーもサーキットで
1/10秒を縮めるために、
ここで練習しているのです。
Andreas Seidl, Director of Race Operations LMP1
ピットストップトレーニング車体製造およびラッピング高圧システムシートボックス
ピットストップトレーニング。
ピットストップでは、一瞬が重要になります。フラハトでは、ピットストップトレーニングをきわめて細部にわたりおこなっています。運に頼ることは一切ありません。あらゆるステップを分析し、改善します。精密に管理された手順の一部として、規則は絶対に守らなければならないからです。

ハイブリッドプロトタイプは、まずアースを取らなければならないことをご存じでしたか?
燃料補給中に作業が事実上禁止されていることは? タイヤはその後、1本ずつ交換しなければなりません。

あなたは私達のメカニックほど迅速に作業できますか? 私達のピットストップトレーニングのセッションでテストを受けてください。 ピットストップゲームでご自分の腕を試してみてください。上達には練習あるのみですので、あきらめないでプレーしてみてください。
ピットストップトレーニング
Please orient your screen to the landscape mode
あなたのタイム
The pit-stop game is not working on old Browsers. Please update your Browser.

準備できましたか?

クリックしてスタートします。

スタート

おめでとうございます。

あなたのタイム

11,2

ここで、ストップウォッチをリセットしてください。もっと正確に言えば、未来に向けて。

もう一度プレイする

残念ながら、トレーニング時間が終了しました。

トレーニングセッションをやり直す
あなたの最近の結果
車体製造およびラッピング
復活のための主役は、LMP1ワークショップで開発されています。そして、テスト前の入念な準備も行われています。秘密が絶対不可欠です。カモフラージュのボディラップ。
可能な限り車体の輪郭を隠します。目的:好奇心の強い観客から、空力のディテールを隠すこと。保護された条件下で車両をテストすること。「ミッション2014。ポルシェのカムバック。」のスターティングポジションにつくまで。
高圧システム。
新たなレギュレーションの重要部分。車両の効率。エンジンおよびハイブリッドシステムの周回あたりの最大のエネルギーが規定されました。ハイブリッドシステムのエレクトリカルコンポーネントがテストされる高圧システム。
HVシステムを理解してください。これらのレギュレーションによる挑戦が、エンジニア達の野心に火を点けました。
シートボックス。
ひとつの要因が大きな差につながります。例えば、人間。それが、私達がLMP1プロトタイプの開発の当初からドライバーに焦点を当ててきた理由です。私達は、コックピットをデザインするとき、ドライバーの「シートボックス」体験からのフィードバックを活用します。
最適なエルゴノミクスを約束するために、あらゆる状況下で直感的な操作を可能とするために、どのようにスイッチやボタンを配置すればよいのでしょう? LMP1ワークスドライバーのひとりであるティモ・ベルンハルトが、その回答を出してくれました。
総合コンセプト
その狙いは、最も効率の高いエンジンと最大限のエネルギー回生のポテンシャル、および最も効率の高いハイブリッドシステムを組み合わせることです。
Alexander Hitzinger,
Head of LMP1 Development
2014年シーズンには、FIA世界耐久選手権およびル・マン24時間に完全に新たなレギュレーションが導入されます。これらレギュレーションによって、耐久レースにおける最高クラスの証となるという、このプロトタイプによるスポーツのかつての地位が回復される結果となりました。同時にこれは、最も過酷なモータースポーツの試練の場において、将来のテクノロジーを今試すことでもあります。

このように、WECのレギュレーションは私達にさまざまな挑戦を突きつけてきます。このレギュレーションには、モータースポーツにおける効率、安全性およびサステイナビリティに関する厳しい要件が定められています。つまり、 これからのモータースポーツで戦えるクルマが求められています。これらの要件は、ポルシェが60年以上続けてきたことをさらに継続する刺激となりました。個別のテクノロジーのいずれかを選択するというアプローチを止め、全体像を見失わずに可能性を秘めたあらゆるパラメーターを検討したのです。
あなたはどれくらい知っていますか?
新レギュレーション。新たな挑戦。そして、エンジニア自らが答えを見出さなければならなかった新たな疑問。さて、今度はあなたの番です。エキスパートチェックであなたの知識を試してみてください。
車両に関する質問に答えるだけでなく、ル・マンのプロトタイプクラスに適用される新たなレギュレーションに関するあなたの知識をテストすることもできます。そして、あなたがル・マン24時間に対して万全の準備ができているか確かめてみてください。
エキスパートチェック
準備はいいですか?
「Start」をクリックしてください。
Start
あなたの正解数
/
おめでとうございます。
あなたは、
しかし、さらに重要なことは 今が新たなものに立ち向かうときだということです。さらに正確に言えば、将来に。
結果をFacebookに投稿するもう一度やってみる
レーシングドライバーの間では昔から以下のように語り継がれています。
„To finish
  • first
  • last
, you have to finish,
  • first
  • last
.”
2014年シーズンの新レギュレーションで求められる新しい規定は何ですか?
ワークスチームは、トップクラスにハイブリッド車のみで参戦できる。
外から見える外装部品が連続面を形成してはならない。
プロトタイプはクローズドモノコックでなければならない。
新レギュレーションでは、LMP1クラス車の1周で使用できるエネルギー量(メガジュール)を制限しています。レース中に、電気モーターからエンジンに供給できる1周あたりのエネルギー量(メガジュール)の範囲は何ですか?
8メガジュールのエネルギーとは、どれほどのエネルギーですか?
0.5
1
2.2
kW/hが8 MJと等しい。
平均的な内勤の会社員は1日に8 MJのエネルギーを消費する。
kgの薪のエネルギー量が8 MJと等しい。
常に最優先されるのはドライバーおよび関係するすべての人々の安全です。この理由から、新レギュレーションではコックピットの着座位置を...
より高く規定している
より低く規定している
ポルシェは世界耐久選手権のLMP1クラスに何戦参戦しますか?
運動エネルギー回生システムを表すのに使用される略語は何ですか?
SSystem
EEnergy
KKinetic
RRecovery
LMP1車両では、最大いくつのエネルギー回生システムを組み合わせることが許可されていますか?
KERS×2基(フロントおよびリアアクスル)
排気ガスエネルギー回生システム×1基
KERS×1基
KERS×1基および排気ガスエネルギー回生システム×1基
あなたの以前の結果
ドライブシステム。
„To finish first, you have to finish, first.“
„To finish first, you have to finish, first.“ル・マンは、他のレースとは一線を画し、この諺が的を射ていることを証明し続けています。モータースポーツでは1秒が永遠のようにも思えますが、 伝説のロングディスタンス・クラシックレースでは、成功か失敗かはテクノロジーの信頼性とドライバー、メカニックおよびレースエンジニア達の集中力によって決ります。そして、これが24時間を通して持続されなければなりません。

私達には、過去16回の総合優勝がこのチャレンジの完璧な準備になっているとは考えられなかったのでしょうか? 2014年のル・マンから、新レギュレーションによって新時代を迎えるため、それは不可能なことでした。 LMP1クラスでは 、最高のパフォーマンスによる優位性の原則が効率への要求に道を譲ります。このレースの歴史で初めて、トップクラスの全チームがハイブリッドレーシングカーで参戦することが求められます。しかし、ガソリン車であるかディーゼル車か、排気量、気筒数、およびターボチャージャーの採用は、チームの判断に委ねられています。重要なのは、総合コンセプトのインテリジェンスです。
この要件に刺激された私達のエンジニア達は、
この要件に刺激された私達のエンジニア達は、ドライブシステムのすべての可能性を探りました。新型プロトタイプを従来のエンジンと電気モーターを特にインテリジェントに組み合わせたものとするために。特にこの分野での成功もあり、明かなソリューションは本質的に経済性に優れるディーゼルエンジンから始めることでした。しかし私達は自ら歩んできた道を進むことにしました。私達は,ディーゼルエンジンではなく、コンパクトでターボチャージャー搭載の2リッター4気筒エンジンを開発しました。

次に、私達は電気モーターに関するテクニカルな課題に取り組みました。 KERSによる運動エネルギー回生, は、フロントアクスル、リアアクスルのどちらで行うべきか? 代わりに排気ガスエネルギー回生システム,を採用すべきか? それとも両方か? そして、どのアキュムレーターを使用すべきか? 911 GT3 Rハイブリッドで既に価値が証明されているフライホイールアキュムレーター,にすべきか? ウルトラキャパシターか? それとも、リチウムイオンバッテリーなのか?
私達がLMP1車両に選んだのは、 エンジンを2基のエネルギー回生システムと、私達のバッテリーサプライヤーであるA123社と共同開発した専用の高性能バッテリーでサポートするデザインです。その結果、 新レギュレーションに適合した最適な総合車両コンセプトが誕生しました。

私達が検討を重ねる中で、ゴールは常に変わることはありませんでした。それは、卓越した計画に基づき車両のエネルギーの可能性を完全に利用することでした。これが、ブーストに必要な追加のエネルギーを作り出す唯一の方法だったのです。

私達がLMP1車両に選んだのは、 専用の高性能バッテリーです。
各チームには技術開発に大きな選択の余地を与えられている一方で、レギュレーションはレース車両に厳格な要件を課しています。そして、その注目すべき点は、明確に定義された効率方程式であり、これは1周あたりに供給できるエネルギー量を規定しています。KERSによる2~8メガジュールの電気エネルギーのドライブシステムへの供給が許可されています。これは、燃費を決定する変数でもあります。より多くの電気エネルギーがドライブシステムに供給されると、より少ない燃料しか1周で使用できません。レギュレーションでは、ブーストに使用できるエネルギーも制限されています。
この効率方程式は、間接的にすべてのチームに大きな戦略的決断を求めています。
この効率方程式は、間接的にすべてのチームに大きな戦略的決断を求めています。周回あたりの従来の燃料と電気エネルギーの理想的な比率は? ドライバーはブーストを使ってどこで十分の数秒を稼ぐのか? つまり、決められたエネルギー量の中から、誰が最も多くを絞り出すことができるか、ということです。

何万もの変数および無数の可能なセットアップは、最も効率的な総合パッケージを特定するための計算が極度に複雑で、それには膨大な時間がかかることを意味します。しかし、最適なセットアップを見つけたかどうかを見極めるには、それほど長い時間は必要ありません。サーキットで24時間あれば、はっきりするのですから。
重要な決定のための基準
エアロダイナミクス。
最速の車両がル・マンに勝つとはかぎりません。
新レギュレーションは、初めからひとつのことを明白にしていました。それは、ル・マンで勝つのは、最速の車両とは限らないということです。その代わり、勝利は最も一貫した総合コンセプトが獲得します。この点で重要な要素は、指定された量のエネルギーをバランスよく使用することだけではありません。同じく重要なのは、可能な限りエネルギーのロスを防ぐことです。ここで本当に重要になるのは、LMP1車両, のエアロダイナミクスです。新レギュレーションがこの点に重点を置いているため、これは私達の技術者が直面した最大の挑戦のひとつでした。効率が根本的な重要性を持っているため、空気抵抗を最小限に抑えることがこれまで以上に重要となりました。もっと正確に言い換えれば、 最大の挑戦は、最大のダウンフォースを最小の空気抵抗で実現することでした。

その結果、 私達の風洞で集中的な作業が必要でした。私達のエンジニアは、新型プロトタイプの空力特性を細心の注意を払ってテストしました。彼らは自身の疑問に有益な解答を得ましたが、次に考えなければならない新たな疑問が持ち上がりました。どのようにしたらcd値, をさらに最適化できるか?
そして、チーム全体の野心的なゴールを達成するために、どのディテールを改善できるか?

開発の中心は、 空力特性のコンセプトを高速で有名なル・マンなどのサーキットだけでなく、その他すべてのFIA世界耐久選手権のサーキットにも適合するよう合わせることでした。この分野では、リアウイングと、空力性能および空力感度のバランスが重要な役割を果たします。リアウイングのフラット位置では、発生する空気抵抗が低減され、より高い速度が得られます。反対に、アタック中のより急峻な角度ではダウンフォースが増大します。これは、走行中にリアアクスルに作用する力によって安定性を向上させます。よって、最適なセッティングは、どのサーキットでもダウンフォースと車速の理想的なバランスをもたらします。
よって、最適なセッティングは、ダウンフォースと車速の理想的なバランスをもたらすものです。
軽量設計
ポルシェは長い間、数千分の一秒を短縮する戦いに挑んできました。
ポルシェは長い間、数千分の一秒を短縮する戦いに挑んできました。それ以前にも、私達のエンジニア達は、これに似た挑戦に直面していました。それは、1グラムを削る戦いで、私達にとって量産車における毎日の挑戦でもあり続けています。スポーツカーメーカーとして、ポルシェは当初から一貫して軽量化にこだわってきました。これは、革新的な材料の採用より、繰り返し注目を集めてきました。そして、今回のLMP1レーシングカーも、この設計理念を忠実に守っています。私達が継続してきたことが、今回のレギュレーションで参戦する全チームに要求されるようになっただけです。それは、車両の軽量化です。

これを達成するために、素材としてカーボン, を選びました。しかし、ここでも私達は私達の独自性を打ち出すことにしました。それぞれのコンポーネントは洗練されたデザインに基づき、ディテールのひとつひとつがきわめて複雑な計算に基づいてさらに最適化されています。カーボンファイバーに加え、主に航空機に使用されている高力アルミニウム、マグネシウムおよびさまざまなチタン合金など、その他のハイテク素材も採用しています。
しかし、私達は軽量化はそれだけで完結するものだとは考えていません。
しかし、私達は軽量化はそれだけで完結するものだとは考えていません。それは、総合車両コンセプトを微調整するチャンスです。シャシーで削減された1 kgは、例えばKERSに使用できます。より高い性能のために。ル・マンを戦う上で決定的な要件となる効率のために。
セーフティ。
ポルシェの最優先事項は常に同じであり続けます。人間。
スポーツカーでも、レーシングカーのサラブレッドでも、あらゆるポルシェの最優先事項はいつも同じです。人間。私達にとって、ポルシェに乗り込んだあなたの安全性が至上の重要性をもちますが、これはワークスドライバー達の場合でも変わりません。私達があらゆる技術的な検討を行うとき、そして戦略的な意志決定を下すとき、私達が常に第一に優先するのはドライバーです。さらに正確にいえば、あらゆる状況での彼らの安全です。新レギュレーションは、ドライバーの安全性をさらに重視するものとなっていました。また、LMP1車両の作業の開始時点から決定的な要因でした。
旧レギュレーションに基
づく着座位置と視界
新レギュレーションに基
づく着座位置と視界
このプロトタイプは、クローズドモノコック, を採用し、ドライバーに従来より広い空間を提供するだけでなく、防弾ベストに似た素材で作られた追加のサイドパネルによって補強されています。これらのパネルは、側面衝突が発生した場合にドライバーを保護し、ホイールが外れた場合にコントロールアームが車内に貫通するのを防ぐことを目的としています。
車両を限界までプッシュしている場合でも、私達は私達の最優先事項を決して忘れないために。関係するすべての人の安全のために。
すべての素材は、厳格な安全基準に適合するよう選択さています。ドライバーがコックピットのシートに着座するずっと前から、クラッシュテストを行って拡大されたシャシーの信頼性を証明しています。また、初めからそのような状況が発生しないよう、私達は最善を尽くしています。例えば、ドライバーにより改善された視界やコントロールを提供することによって。より高い着座位置とより低められたフロントフェンダーで、ドライバーのより優れた視界を確保しています。ポルシェの提言により、ドライバーの着座位置を改善する対策がレギュレーションに盛り込まれました。モノコック,の高さの増加、ヘッドルームの追加および明確に定義されたヘルメット位置です。車両を限界までプッシュしている場合でも、私達は私達の最優先事項を決して忘れないために。関係するすべての人の安全のために。

ル・マンだけでも、50台以上の車両がサーキットのスタートラインに並びます。ドライバー達は、平均250,000人もの観客の応援を受けます。マーシャルのフラッグが常に使用されます。新型プロトタイプはすべての要件を満たしているため、重大な状況で最大限の保護を提供します。例えば、ケーブルリテーナーによって。これらは、衝突が発生した場合にタイヤが車両から外れ、ドライバー、観客およびその他の関係者に危険がおよぶのを防ぎます。
旧レギュレーションに基
づく着座位置と視界
新レギュレーションに基
づく着座位置と視界
ドライバーにとっての安全
サーキットのレイアウト。
ロードから戻る場所。
明らかに最も時間を必要とするチームのメンバーがサーキットのレイアウトです。それにもかかわらずサーキットのレイアウトは不可欠です。なぜならこのチームが、レーシングカーと装備が完璧な状態でサーキットに到着することを保証するからです。
さらに、オペレーティングセンターとしての役割も果たします。あらゆる細部が、LMP1チームの要求のもと精確にオーダーメイドされます。
ドライバー。
レースのために生まれてきた。
才能、チームスピリット、体力、集中力、高水準の技術理解力、そして限界に対する鋭い感覚 – サーキットで成功するにはこれらのすべてが必要です。
このような基準を満たす優秀なドライバーたちは、私達がトップクラスのモータースポーツに復帰することを誇りにしている理由でもあります。
豊かな経験と抑えがたい前進の衝動によって、彼らは、われわれモータースポーツファミリーの永久会員となっています。
ティモ・ベルンハルト
個人データ
国籍:ドイツ
生年月日:1981年2月24日
出身地:ザール州ホンブルグ、ドイツ
現住所:ブルッフミュールバッハ・ミーザウ 、ドイツ
身長/体重:174 cm/60 kg
趣味:ランニング、音楽、ラリー
インターネット:www.timo-bernhard.de
ツイッター:不明
これまでたくさんの最高の瞬間を体験させてもらいましたが、私にとっての大きなゴールはまだ残っています。ポルシェでのル・マン制覇です。
スポーツキャリア
2013年
ポルシェワークスドライバー
ル・マン24時間レース第2位(GTE PRO)
ニュルブルクリンク24時間レース第7位(クラス優勝)
ADACザーランド・ラリー総合優勝(ドイツ・ラリー選手権)
2012年
ポルシェワークスドライバー
FIA世界耐久選手権/セブリング12時間レース第2位(LMP1、総合)
VLN/ニュルブルクリンク耐久シリーズ(多種レース、表彰台回数2回)
2011年
ポルシェワークスドライバー
ニュルブルクリンク24時間レース第1位(総合)
アメリカン・ル・マン・シリーズ/セブリング12時間レース第5位(LMP1、総合)
インターコンチネンタル・ル・マン・カップ表彰台回数3回(LMP1、総合)
2010年
ポルシェワークスドライバー
ル・マン24時間レース第1位(総合)
ADACレースドライバー・オブ・ザ・イヤー
VLN/ニュルブルクリンク耐久シリーズ(多種レース、2勝)
2009年
ポルシェワークスドライバー
ニュルブルクリンク24時間レース第1位(総合)
グランダム・シリーズ選手権第4位(DP、表彰台回数4回)
デイトナ24時間レース第6位(DP、総合)
ル・マン24時間レース(LMP1)
ロマン・デュマ
個人データ
国籍:フランス
生年月日:1977年12月14日
出身地:アレス、フランス
現住所:バーゼル、スイス
身長/体重:174 cm/62 kg
趣味:ジェットスキー、ランニング、ラリー
インターネット:www.romaindumas.com
ツイッター:不明
私の故郷はフランスです。私のモータースポーツファミリーはポルシェです。この両方をあわせると、ル・マンは私にとって重要な意味を持つ一週間になります。
スポーツキャリア
2013年
ポルシェワークスドライバー
ル・マン24時間レース第1位(GTE PRO)
ニュルブルクリンク24時間レース第1位(SP7)
2012年
ポルシェワークスドライバー
FIA世界耐久選手権/スパ6時間レース第1位(LMP1、総合)
アメリカン・ル・マン・シリーズ/モータースポーツ第1位(LMP2、総合)
FIA世界耐久選手権/セブリング12時間レース第2位(LMP1、総合)
VLN/ニュルブルクリンク耐久シリーズ(2レース、表彰台回数1回)
パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム第1位(オープンラリークラス、2012年ルーキー賞)
2011年
ポルシェワークスドライバー
ニュルブルクリンク24時間レース第1位(総合)
アメリカン・ル・マン・シリーズ/ラグナ・セカ第1位(GTH)
ル・マン24時間レース(LMP1)
VLN/ニュルブルクリンク耐久シリーズ(2レース、表彰台回数2回、1勝)
2010年
ポルシェワークスドライバー
ル・マン24時間レース第1位(総合)
スパ24時間レース第1位(総合)
アメリカン・ル・マン・シリーズ/モータースポーツ第1位(LMP2、総合)
ニュルブルクリンク24時間レース
2009年
ポルシェワークスドライバー
ニュルブルクリンク24時間レース第1位(総合)
グランダム・シリーズ第4位(DP、表彰台回数4回)
デイトナ24時間レース第6位(DP、総合)
ル・マン24時間レース(LMP1)
ブレンドン・ハートレイ
個人データ
国籍:ニュージーランド
生年月日:1989年11月10日
出身地:パーマストン、ニュージーランド
現住所:ミルトン・キーンズ、英国
身長/体重:184 cm/67 kg
趣味:ギター、ポーカー、スカッシュ、マウンテンバイク
インターネット:www.brendonhartley.co.nz
ツイッター:不明
私は骨の髄までレーシングドライバーなんです。数字で勝負している人たちもいますが、私は秒で勝負しています。レース以外の人生なんて考えられません。
スポーツキャリア
2013年
ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(LMP2)
グランダム・ローレックス・シリーズ
バサースト12時間レース
デイトナ24時間レース
ル・マン24時間レース
フォーミュラ1 開発ドライバー シミュレータ
2012年
FIA世界耐久選手権/スパ6時間レース第3位(LMP2)
ヨーロピアンル・マン・シリーズ/ドニントン6時間レース第3位(LMP2)
GP2 2レース
フォーミュラ1 開発ドライバー シミュレータ
2011年
フォーミュラ・ルノー3.5
GP2(2レース)
2010年
フォーミュラ1 補欠ドライバー
フォーミュラ・ルノー3.5
GP2(2レース)
2009年
フォーミュラ1 テストドライバー
フォーミュラ・ルノー3.5
フォーミュラ3 ヨーロッパ・シリーズ
マカウ フォーミュラ3 グランプリ
ニール・ジャニ
個人データ
国籍:スイス
生年月日:1983年12月8日
出身地:ロールシャッハ、スイス
現住所:ポルト、スイス
身長/体重:172 cm/62 kg
趣味:スポーツ、クロスカントリースキー、テニス、サイクリング
インターネット:www.neel-jani.com
ツイッター:@neeljani
24時間レースで一番大切なのは準備です。何が起こるかわからない状態でも、
全てにしっかりと準備を整えていなければなりません。
スポーツキャリア
2013年
ポルシェ・ワークスドライバー
アメリカン・ル・マン・シリーズ第1位/ロード・アトランタ10時間レース(LMP1、総合)
アメリカン・ル・マン・シリーズ第3位/ セブリング12時間レース(LMP1、総合)
アメリカン・ル・マン・シリーズ第2位/ラグナ・セカ(LMP1、総合)
アメリカン・ル・マン・シリーズ第2位/ロング・ビーチ(LMP1、総合)
2012年
FIA世界耐久選手権第4位(LMP1、総合)
ル・マン 24時間レース第4位(総合)
2011年
ル・マンシリーズ総合優勝(LMP1)
ル・マン 24時間レース第6位(総合)
フォーミュラ 1 デモ走行
2010年
ル・マン・シリーズ第3位(LMP1)
ル・マン 24時間レース
フォーミュラ 1 デモ走行
GT1 世界選手権(3レース)
スーパーリーグ・フォーミュラ(2レース、1勝)
2009年
ル・マン 24時間レース(LMP1)
フォーミュラ1、テストドライバー
A1グランプリ第2位(4勝)
マーク・リーブ
個人データ
国籍:ドイツ
生年月日:1980年7月4日
出身地:シュットゥットガルト、ドイツ
現住所:ルートヴィヒスブルク、ドイツ
身長/体重:182 cm/74 kg
趣味:ランニング、サッカー、読書
インターネット:www.marc-lieb.de
ツイッター:@liebmarc
ポルシェチームというよりポルシェ一族ですね。時には粗っぽくて、時には温かいチームです。でも、その一員であることは常に感じることができます。
スポーツキャリア
2013年
ポルシェ ワークスドライバー
FIA 世界耐久選手権( GTE PRO)
ル・マン24時間レース第1位(GTE PRO)
スパ24時間レース第2位 (総合)
2012年
ポルシェ ワークスドライバー
FIA 世界耐久選手権(GTE PRO、2勝、表彰台回数4回)
VLN/ニュルブルクリンク耐久シリーズ(2勝、表彰台回数1回)
デイトナ 24 時間レース第3位(GT)
2011年
ポルシェ ワークスドライバー
ニュルブルクリンク 24時間レース第1位(総合)
ル・マン・シリーズ第3位(GT)
2010年
ポルシェ ワークスドライバー
ル・マン・シリーズ第1位(GT、3勝)
ル・マン 24時間レース第1位(GT2)
ニュルブルクリンク24時間レース
2009年
ポルシェ ワークスドライバー
ル・マン・シリーズ第1位(GT2)
ニュルブルクリンク 24時間レース第1位(総合)
アメリカン・ル・マン・シリーズ/セブリングおよびプチ・ルマン
アジア・ル・マン・シリーズ/岡山、日本
VLN/ニュルブルクリンク耐久シリーズ(複数レース)
マーク・ウェッバー
個人データ
国籍:オーストラリア
生年月日:1976年8月27日
出身地:クィンビャン、オーストラリア
現住所:バッキンガムシャー、英国
身長/体重:182 cm/75 kg
趣味:野外スポーツ、ヘリコプター
インターネット:www.markwebber.com
ツイッター:@AussieGrit
ポルシェには常に情熱を感じてきました。私はこのチームに参加して、モータースポーツの最高峰に、ル・マンに戻れることを名誉だと感じています。
スポーツキャリア
2013年
FIA フォーミュラ1 世界選手権第3位(表彰台回数8回)
2012年
FIA フォーミュラ1 世界選手権第6位(表彰台回数4回)
モナコ GP 第1位
イギリス GP 第1位
2011年
FIA フォーミュラ1 世界選手権第3位(表彰台回数10回)
ブラジル GP 第1位
2010年
FIA フォーミュラ1 世界選手権第3位(表彰台回数10回)
スペイン GP 第1位
ハンガリー GP 第1位
モナコ GP 第1位
イギリス GP 第1位
2009年
FIA フォーミュラ1 世界選手権第4位(表彰台回数8回)
ドイツ GP 第1位
ブラジル GP 第1位
シミュレーター。
数値の限界に挑む。
ポルシェのすべてのレーシングカーは、総合的にインテリジェントでなければなりません。しかし机上ではサーキットにおける車の挙動を見ることができないので、ドライバーはファクトリーのシミュレーターでトレーニングをします。
私達は、実際にサーキットのシミュレーターを使用して、物理条件に近い状態で LMP1カーの重要な本質を把握します。
ピットストップ。
ピットストップの技術。
ピットストップは、周到に準備して完璧になるまでリハーサルを行わなければなりません。またFIA WECの厳格な規定により、 ピットクルーは、同時に作業することが許されず、順番に行う必要があります。
それゆえ、レーシングカーを少しでも早くサーキットに戻すために、すべての作業をスムーズに展開することが何よりも重要となります。手際が良いので簡単に見える作業が、実は大変な努力と徹底した準備の賜物であることは事実です。
ピットストップのトレーニングセッション
ポルシェのピットクルーと同じくらい迅速に作業できますか? ピットストップのトレーニングセッションに関するテストを受けてください。
ピットストップのトレーニングセッション
アイデンティティー
そのアイデンティティーは紛れもないポルシェです。
919ハイブリッド。911のGTモデルと異なり、一見したところ典型的なポルシェには見えません。それは、マシンデザインに関する厳格なFIA WECのレギュレーションによるためです。結果としてポルシェの最新レーシングカーは、ル・マン・プロトタイプがもつ、伝統と未来が融合した外観になりました。

しかしそのアイデンティティーは紛れもないポルシェです。60年以上におよび私達がモータースポーツについて学んできた全てがベースになっています。
常に前進する核となってきた"原則"の中に、私達は全てを集中させてきました。それが「ポルシェ インテリジェントパフォーマンス」です。

さらにそれは、サーキットにおいてこの原則を示す、ポルシェの歴史が染み込んだ鮮明なホワイトの、妥協のないデザインに具現化されています。

この文字はどのような意味を持つのでしょうか? それは単に私達がいかにしてスポーツカーを創り上げるか、ということであり、常に一からなされます。それは明らかに対極に見えるものに挑戦し、ひとつのマシンの中にそれを統合する方法です。効率性とパワー。安全性と軽量構造。パフォーマンスと日常の利便性。そして、製造する全てのモデルの中にこの原則を貫くために、私達はモータースポーツから学んだことをロードカーへと注ぎます。
Porsche Intelligent Performance.
耐え得る限りのカーボンの使用。
919ハイブリッドという名前も、ポルシェの市販車とのつながりを示しています。それは未来のハイブリッド戦略へと脈々と受け継がれてゆき、918スパイダーというスーパースポーツカーにおいて最初の完璧なハイライトを生み出しています。さらにそれは、917によるポルシェ初の総合優勝に始まった、ル・マンにおけるサクセスストーリーの論理的展開といえます。

それでは私達が919ハイブリッドに見出すものは何でしょうか? 耐え得る限りのカーボンの使用。典型的な未来的デザインを備えたLMP1による純血のスポーツカーとポルシェの明確なアイデンティティー。高性能な技術。最新性。そして卓越です。
テクノロジー
このトップクラスにおいては、パワーだけで優勝することはできないということです。
919ハイブリッドは、FIA世界耐久選手権とル・マン専用に開発されました。つまり、未来のテクノロジーを現在の最も過酷なモータースポーツの試験にかけるという挑戦のために開発されました。

FIA WECのLMP1レギュレーションは参加メーカーにとって大変な挑戦です。効率性、安全性、そして持続可能性に対する基準の厳しさをみれば明確なことがひとつあります。すなわちこのトップクラスにおいては、パワーだけで優勝することはできないということです。実際には最大限のパフォーマンスと最適なエネルギー効率の戦いとなります。そこで私達は、それらの全てを919ハイブリッドのインテリジェントなデザインコンセプトの中に統合させました。現在のレーシングカーと未来のスポーツカーの展望のために。
エンジン
エンジンは2つのエネルギー回生システムによってサポートされます。ひとつめは、フロントアクスルの電気モーターによる制動エネルギーの回生で、加速時にさらなるエネルギーを供給します。
エンジンの選択は、“インテリジェントパフォーマンス”の原則に従うアプローチから生まれました。すなわち、ダイレクト・フューエル・インジェクションを備えた極めてコンパクトなターボチャージャー付き2リッター4気筒エンジンです。そこには、すでに高い効率性が実証されている918スパイダーと同様の燃焼室ジオメトリーが採用されています。
電気モーターとバッテリー
新開発のエレクトリックモジュールによって、排ガスがジェネレーターにパワーを供給します。
ふたつめは、全く新しい排ガスエネルギーの回生で、最適の効率性に寄与します。新開発のエレクトリックモジュールによって、排ガスがジェネレーターにパワーを供給します。様々なシステムによって回収されたエネルギーが、水冷式リチウムイオンバッテリーに蓄積されます。
総合的なドライブシステム
長年にわたるスポーツカーの設計の経験によって、各部品はさらに軽量化されています。このスポーツプロトタイプは主にカーボンでできています。さらに、高強度アルミニウムのエンジンとマグネシウムや多彩なチタニウム合金の使用により、システムの理想的な重量が達成されています。
しかし、軽量素材がそのまま軽量構造につながるわけではありません。耐久レースにおける極限状態に耐えるために、エンジニアは精巧なデザインを生み出し、各パーツについて非常に複雑な計算を行う必要がありました。
素材の混合
919ハイブリッドのエアロダイナミクスは、新レギュレーションに準拠した最大の効率性が得られるように設計されています。そしてもちろん、他の全てのスポーツカーと同様に高速コーナリングのために最大限のダウンフォースを得なければなりません。
そのために、複雑なフロントセクションと特別なリアウイングが、空力感度と空力性能の完璧なバランスにおいて重要な役割を果たします。しかし、耐久レースの勝敗は微細なディテールにかかっているため、エアロダイナミクスは特に トップシークレットとなっています。
エアロダイナミクス
テクニカルデータ
駆動システム:V型4気筒ターボエンジン + ハイブリッドシステム(2 つのエネルギー回生システムを装備)
駆動タイプ:後輪駆動、フロントアクスルのKERSによる4WD
最高出力:> 370kW (> 500PS) + 電気モーター > 250PS
総排気量:2,000cc
最高速度:> 340km/h
燃料タンク容量:68.3リッター
蓄電:リチウムイオン
伝統
60年以上におよぶモータースポーツの経験と30,000回以上の勝利が、今日のポルシェを築き上げました。そして私達は、モータースポーツ史上に名を留める伝説のレーシングカーに貢献できたことを誇りにしています。私達を鼓舞するのは、こうして築き上げられてきた偉大な伝統です。
未来のスポーツカーの展望に、一歩一歩近づきながら。ル・マンで私達を総合優勝に導いたポルシェモデルの思い出をたどる旅を一緒にはじめましょう。
ル・マンにおけるポルシェの総合優勝。
ポルシェ917 KH
年:1970
最高出力:510kW(693PS)
総排気量:4,494cc
最大トルク:559Nm/6,800rpm
最高速度:340km/h(211mph)
ポルシェ917 KH
年:1971
最高出力:441kW(600PS)
総排気量:4,907cc
最大トルク:549Nm/6,500rpm
最高速度:350km/h(217mph)
ポルシェ936スパイダー
年:1976
最高出力:382kW(520PS)
総排気量:2,142cc
最大トルク:470Nm/6,000rpm
最高速度:350km/h(217mph)
ポルシェ936スパイダー
年:1977
最高出力:397kW(540PS)
総排気量:2,142cc
最大トルク:490Nm/6,000rpm
最高速度:350km/h(217mph)
ポルシェ935 K3
年:1979
最高出力:551kW(750PS)
総排気量:2,994cc
最大トルク:700Nm/6,600rpm
最高速度:360km/h(224mph)
ポルシェ936/81スパイダー
年:1981
最高出力:455kW(620PS)
総排気量:2,650cc
最大トルク:598Nm/8,400rpm
最高速度:360km/h(224mph)
ポルシェ956 C LH
年:1982
最高出力:456kW(620PS)
総排気量:2,649cc
最大トルク:618Nm/5,400rpm
最高速度:360km/h(224mph)
ポルシェ956 C LH
年:1983
最高出力:456kW(620PS)
総排気量:2,649cc
最大トルク:618Nm/5,400rpm
最高速度:360km/h(224mph)
ポルシェ956 C LH
年:1984
最高出力:456kW(620PS)
総排気量:2,649cc
最大トルク:618Nm/5,400rpm
最高速度:360km/h(224mph)
ポルシェ956 C LH
年:1985
最高出力:456kW(620PS)
総排気量:2,649cc
最大トルク:618Nm/5,400rpm
最高速度:360km/h(224mph)
ポルシェ962 C LH
年:1986
最高出力:514kW(700PS)
総排気量:2,994cc
最大トルク:696Nm/5,400rpm
最高速度:360km/h(224mph)
ポルシェ962 C LH
年:1987
最高出力:514kW(700PS)
総排気量:2,994cc
最大トルク:696Nm/5,400rpm
最高速度:360km/h(224mph)
ポルシェ962 Dauer Le Mans GT
年:1994
最高出力:547kW(745PS)
総排気量:2,994cc
最大トルク:671Nm/6,000rpm
最高速度:365km/h(227mph)
ポルシェWSCスパイダー
年:1996
最高出力:396kW(540PS)
総排気量:2,994cc
最大トルク:589Nm/5,400rpm
最高速度:365km/h(227mph)
ポルシェWSCスパイダー
年:1997
最高出力:396kW(540PS)
総排気量:2,994cc
最大トルク:589Nm/5,400rpm
最高速度:365km/h(227mph)
ポルシェ911 GT1
年:1998
最高出力:400kW(550PS)
総排気量:3,163cc
最大トルク:589Nm/6,250rpm
最高速度:320km/h(199mph)
ミッション
FIA世界耐久選手権は、モータースポーツの歴史が刻まれる場所です。世界中の有名なサーキットにおいて、最高レベルのモータースポーツに携わる人々が、互いに競い合う場所です。2012年にインターコンチネンタル・ル・マン・カップに取って代わったこのレースシリーズは、世界でもっとも過酷なレースのひとつに数えられており、8つの長距離サーキットに、世界中からスポーツプロトタイプとグランツーリスモが結集します。
16年という長い時間を経てポルシェは、919ハイブリッドによってレーシングカーのトップクラスLMP1のラインナップに復帰します。
クラス:
LMP1:主にワークスチームのためのル・マン・プロトタイプのクラス。ポルシェ919ハイブリッドが出場します。

LMP2:プライベートチームのためのル・マン・プロトタイプのクラス。ガソリンエンジンのレーシングカーのみが出場します。
GTE-PRO:プロドライバーによる公道車ベースのGTレーシングカーのクラス。ポルシェ911 RSR(991)はこのクラスで戦います。

GTE-AM:1名以上のアマチュアドライバーが加わる公道車ベースのGTレーシングカーのクラス。911 GT3 RSR(997)を駆る数組のポルシェ カスタマーチームがこのクラスで戦います。
レース:
2014年4月20日/イギリス
シルバーストン6時間
シルバーストン・サーキット
全長:5,901 km | コーナー数:18
シルバーストンは、イギリスだけでなく世界中のモータースポーツファンにとって特別なサーキットです。豊かな伝統を備えた定評のあるF1サーキットとして、シーズンの開幕にふさわしい場所です。
2014年5月3日/ベルギー
スパ・フランコルシャン6時間
スパ・フランコルシャンサーキット
全長:7,004 km | コーナー数:20
ベルギーのアルデンヌ地方にあるこのサーキットは、1966年以来、華麗なレースで名を馳せています。ル・マン24時間の前にここでレースが行われるので、シーズンハイライトの前哨戦とみなされています。
2014年6月14日/フランス
ル・マン24時間
サルト・サーキット
全長:13,629 km | コーナー数:38
ル・マン24時間レースは、世界最大のモータースポーツイベントのひとつで、議論の余地なく世界耐久選手権の頂点に位置しています。参戦者にとっては非常に過酷な唯一の24時間レースで、選手権の獲得ポイントは2倍になります。
2014年9月20日/米国
オースティン6時間
サーキット・オブ・ザ・アメリカズ
全長:5,513 km | コーナー数:20
サーキット・オブ・ザ・アメリカズは、セブリング・インターナショナル・レースウェイを引き継ぐF1のもっとも新しいサーキットです。テキサス州オースティンにある超現代的なサーキットで、最も厳しい基準とレースレベルに対応するレース環境を提供します。
2014年10月12日/日本
富士6時間
富士スピードウェイ
全長:4,563 km | コーナー数:16
2005年にリニューアルした高速コースで、富士山の麓にあります。1966年の開業以来、モータースポーツ史上で数々のスリリングな瞬間に立ち会ってきました。ここで開催された“悪天候のF1レース”は忘れがたいものがあります。
2014年11月2日/中国
上海6時間
上海インターナショナル・サーキット
全長:5,451 km | コーナー数:16
中国最大の産業都市にあるサーキットで、過酷なことで有名です。この新興都市のインフラはサーキット同様に印象的で、国際レベルの耐久レースに理想的な場所です。
2014年11月15日/バーレーン
バーレーン6時間
バーレーン・インターナショナル・サーキット
全長:6,299 km | コーナー数:23
バーレーン・インターナショナル・サーキットは、理想的な気候を備えたトップクラスのサーキットで、2014年FIA WECシーズン最後から2番目のレース開催に最適な場所です。
2014年11月30日/ブラジル
サンパウロ6時間
アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ
全長:4,309 km | コーナー数:15
サンパウロにあるすばらしいサーキットで、若さ溢れるエキサイティングなレースが行われます。魅力的なブラジルの観衆を前に、ベストタイムに挑む全てのドライバーにとって真の挑戦となります。
マシン。
LMP1クラス
ル・マン24時間の最高、最速のクラス。LMPは、Le Mans Prototype(ル・マン・プロトタイプ)の頭文字で、これは世界で最も有名なロングディスタンスレースでの最終目標を想起させます。スポーツプロトタイプをテストする。「1」に説明は不要です。
KERSによるエネルギー回生
新レギュレーションの主要な目標のひとつは、 より高い効率です。この点で、エネルギー回生は特別な役割を果たします。例えば、KERSを使います。「Kinetic Energy Recovery System(運動エネルギー回生システム)」は、主に電動ブレーキとして使用されます。これは、制動による運動エネルギーを電気エネルギーに変換し、その後、ブーストなどのために電気モーターで使用できるようにします。
排気ガスエネルギー回生
エンジンから発生する高温の排気ガスに含まれるエネルギーを電気エネルギーに変換します。その後、これを電気モーターを介してホイールに駆動エネルギーとして供給することができます。その目標は、 ドライブトレーン効率の向上にあります。ここでは、次の2つの作戦が可能です。まず、ほぼ同じ燃料消費量でより大きなパワーを発生し、車速を上げることができます。または、燃料消費量を低減して同じパワーを発生することで、車両が高速でより長い距離を走行するようにすることができます。
フライホイールアキュムレーター
フライホイールアキュムレーターは、最高40,000 rpmで回転するローターで、エネルギーを回転エネルギーとして機械的に蓄積します。このエネルギーは、例えばフロントアクスルの電気モーターが機能を切り替えてジェネレーターのように作動している場合に車両の制動時に蓄積されます。必要なときにいつでも、例えば短時間の絶大な加速(ブースト)のため、フライホイールアキュムレーターの運動エネルギーを電気モーターに供給する電気として使用することができます。このシステムのメリットは、軽量コンパクトな設計で高性能を発揮することと、急速なエネルギーの蓄積と解放が可能なことです。
cd値
cd値は空気抵抗係数で、一般的に物体の「流線型の度合い」を表します。cd値が低いほど、車両などの空力特性が高くなります。これは、同じ車速で消費される燃料がより少なくなることを意味します。つまり、より効率が高いといえるのです。
カーボン
カーボンは、ハイテク素材として航空宇宙産業で使用されています。また、もちろんスポーツカー製造の分野でも成功を収めています。その基本原理は、ポリマーマトリクスに複数層のカーボンファイバーを重ねるというものです。剛性および強度を高めると同時に、軽量化が可能です。
モノコック
モノコックは、あらゆるLMP1ドライバーのオペレーションセンターです。このフランス語の用語は「シングルシェル」を意味しますが、モータースポーツの世界では、これは複雑な設計を指します。これは、ドライバーにとってのセーフティセルとしての役割を果たすため、開発中に安定性が最優先の基準のひとつとなることを意味しますが、常に空力特性も考慮する必要があります。そして、ドライバーの身長など、個別の要素も重要です。