More motivation

熟練の登山家を突き動かすもの

W登山家達は、なぜ極限の世界に駆り立てられるのでしょうか? 「大きな興奮と、危険や疲労困憊が常につきまとうからです」と世界屈指のアルピニストでそれを天職とするトム・リビングストンは率直に言います。ポルシェGTSを走らせれば、同じようなスリルを味わえます。しかし、危うさや疲れ果てる感覚をともなうことはありません。

卓越したパフォーマンスと妥協のないエクスペリエンス。これらを原点に生まれたGTSシリーズのように、人生には現状を打破し、今を超えるために挑戦する時があります。ここでは、常識や固定観念にとらわれず、自らが愛することを極めようとする人物に迫ります。リビングストンのような登山家は、世界最高峰に登頂するため、創造的で徐々に難しさが増す新しいルートを探すことこそが揺るぎない意欲となっています。つまり、リビングストンは情熱を原動力に、自分が望む歓びを常に新たな境地で手にしているのです. 他人の目には単なる岩盤と映るかもしれません。しかし、彼にとっては雄大にそびえる遊び場であり、大きな可能性にあふれているのです。

呼び覚まされる情熱

呼び覚まされる情熱

高い水準の快適性や便利さは、現代生活の象徴です。そのような環境にいれば、強靭なメンタルと肉体が試される状況に、自らを追い込もうとする行動を理解するのは難しいことでしょう。「登山は、人生において最も刺激的でエキサイティング、そして最高の達成感が得られるものなのです」。リビングストンの答えはシンブルであり、人生で何かを求める人々の共感を呼んでいます。ただし、こうした命がけの偉業に立ち向かう意欲は、聞く人によっては大きく変わります。

登山は、人生において最も刺激的でエキサイティング、そして最高の達成感が得られるものなのです。

トム・リビングストン

「スリルの一部は、不可能と思えるものに挑み、それを実現させることの中に存在します。そしてそれは、私達自身の人生の一部なのです」

Robert Mads Andersen
湧き上がる期待感

湧き上がる期待感

登ることで生じるストレスやリスクが登山家のモチベーションとなり、そしてこれが人生のほかの部分をコントロールしている感覚にさせる。このような見解の研究結果もあります。世界中で新たな登頂に挑戦するダミアン・ギルデアは「秩序の無い世界をコントロールすることはできません。しかし山は、限度や一定の条件が存在し、かつそれらの中で私達が行動できる小さな有限の世界なのです」と語っています。

登山家の内なる意欲は、さらに遠くへ、さらに速く、そして素晴らしい自然の中でより多くのことを経験するという創造的刺激によって支えられています。.

Mads Andersen
未知への冒険心

未知への冒険心

こうした科学的観点をよそに、登山家達は山に挑み続けることに対して具体的な理由を言わないものです。「冒険が好きなんだ」と言う有名なドイツの登山家トーマス・フーバーは、「私が持つ全てのスキル、情熱、そしてパートナーとともに未知の世界へ立ち向かい、不可能を可能にすることに挑みます」と語っています。

理由が何であれ、揺るぎない意欲や献身から生まれる創造的刺激はボルシェにも常に息づいています。対峙する山や壁がどんなものであっても、私達は自らを非凡な境地へと押し上げ、愛するものをより極めていくことにかき立てられるのかもしれません。

そのほかのストーリー

More Travel

マカンGTSで国々を巡る、色褪せないひととき

ストーリーを読む

More Chill

壮大なドライブと絶景を求めて

ストーリーを読む

モデルを詳しく見る

Macan GTS

飽くなき情熱が、進化へ誘う。新しいマカンGTSをご覧ください。

詳しく見る