More Curves

クロアチアのE65号線のコーナー

鉄道が発達していないクロアチアは、ドライバー大国です。クロアチアの人々が、いかに車を愛しているか。それは独立後の1990年代に建設されたハイウェイや、独立以前に造られた古い州道などを走れば、すぐに分かります。彼らはアクセルペダルを大胆に踏み込んだり、警告時だけでなく、他のドライバーに挨拶する目的でもクラクションを気ままに鳴らすなど、独自の文化とともにドライビングを愉しんでいます。

クロアチアのオデッセイとも言うべき、海岸沿いのヤドランスカ・マギストララ。こうした道をはじめ、この国には世界屈指の美しい景色を味わいながらドライビングするには最適な場所が数多くあります。ドライバーも、一般的には外国人に親切なようです。たとえブラインドコーナーで追い越しをかけられても、こうしたことを覚えておくと良いでしょう。

ヤドランスカ・マギストララ(アドリア海ハイウェイ)

ヤドランスカ・マギストララ(アドリア海ハイウェイ)

このハイウェイは欧州自動車道路E65号線の一部で、クロアチアの北西部に位置し、スロベニアと国境を接する街リエカから海岸線に沿って下ります。さらにモンテネグロとの国境まで伸び、その総延長は643kmにわたります。この道が完成したのは、ポルシェ718ボクスターGTS 4.0の誕生以前です。しかし、ひとたび走れば、この車のためにカスタムメイドされたのではと錯覚するほどの歓びが押し寄せます。

スリリングな断崖や、アドリア海の島々のパノラマの中に連なるヘアピンカーブ。その高低差は1,500mにもおよびます。718ボクスターGTS 4.0の強大なトルクと、軽快かつダイレクトなレスポンスをもたらすステアリングを味わうにはこれ以上ない舞台です。

718 Boxster GTS 4.0

718ボクスターGTS 4.0であれば、マギストララの魅力は日帰りでも十分に愉しむことができます。しかし、壮観な風景を堪能するのであれば、じっくりと時間をかけてドライビングするのも良いでしょう。ここからは、道中にあるおすすめスポットをいくつかご紹介します。

リエカ

リエカ

マギストララのスタート地点にある港町、リエカ。ここには、オーストリア・ハンガリー帝国時代の壮麗な建築物が多く残っています。このほかにも、トゥネルリーと呼ばれる、1939年から1942年にイタリア陸軍が掘った350mの軍用トンネルや現在は閉鎖された魚雷発射試験場などの廃墟が、複雑な歴史を静かに物語ります。

Senj

セニ

セニからカルロバグへの道は、いくつものコーナーがドライバーの実力を試します。石壁に囲まれた歴史あるこの街に到着したら、次なる目的地へ向かう前に一杯のコーヒーでひと息ついてはいかがでしょうか。ブーレクと名付けられたケーキとともに、癒しのひとときを味わってください。街中には、以前この地にいたクロアチアの海賊“ウスコク”が建てた城が佇んでいます。

ザブラトニツァ
ザブラトニツァ

ザブラトニツァ

ラーブ島へのフェリーの発着所であるヤブラナツの港から岬を回って歩いて行くと、ザブラトニカに到着です。細い入り江が特徴で、エレクトリックブルーの輝きを放つ海では泳ぎはもちろん、探検を楽しむこともできます。この海は、第二次世界大戦当時にドイツの船が沈んだことでも知られています。

Zadar

ザダル

クロアチア最古の都市である、ザダル。ここはちょうど、マギストララの中間地点にあたります。世界一美しい夕日の街としても有名で、歴史ある建造物と現代の文化が融合した街中に太陽が沈む絶景は見逃せません。この街を訪れたなら、“海のオルガン”もぜひ体験してください。これは浜辺の階段の下に35本のパイプを埋めることでつくられた、自然の力で奏でられる楽器です。波とともに運ばれる風によって、豊かな音色が海岸に響き渡ります。

シベニク

シベニク

この街で最も有名なスポットは、歴史ある聖ニコラス要塞です。この要塞は保存状態が良いことでも知られ、海に向かって伸びる細い道から歩いて行くことができます。自然豊かなクルカ国立公園も、魅力の一つです。園内の湖に浮かぶ島の上にはヴィソヴァツ修道院があり、まるで絵画のような景色が広がります。

スプリト

スプリト

スプリトは歴史深い街で、17世紀以上にわたってその存在を知られています。4世紀に古代ローマ皇帝によって建てられたディオクレティアヌス宮殿が有名で、迷路のように張り巡らされた道を歩けば、過去と現在が交差する美しい街並みを楽しむことができます。海沿いに伸びるリーヴァの遊歩道で、山々とアドリア海が織りなす景色に沈みゆく夕日を眺めながら、フルーツブランデーのラキヤを味わうのもおすすめです。

ドゥブロクニク
ドゥブロクニク

ドゥブロクニク

E65号線を走り、ボスニア・ヘルツェゴビナの都市であるネウムを経て、クロアチアの海岸線に戻ります。ネウムから1時間ほど進めば、ドゥブロクニクに到着です。この街は、世界中で高い人気を誇るHBO制作のTVドラマ“ゲーム・オブ・スローンズ”のロケ地としても知られています。内戦中に砲撃を受けたものの、石灰岩で舗装された石畳やバロック様式の壮麗な建築物、旧市街を囲む堅牢な石壁は姿を変えずに残っており、街中には歴史の薫りが漂います。

プレヴラカ半島

プレヴラカ半島

ドゥブロクニク・リビエラの南に位置し、廃墟と化す前はユーゴスラビア軍のエリート達が定宿にしていたクパリのホテルを過ぎると、マギストララは内陸へ。ここから、モンテネグロを目指します。途中でプレヴラカに寄り、陸軍基地からの景色を眺めながら、クロアチアに別れを告げましょう。低い木々に覆われた自然豊かな半島の風景は、これまでの旅に想いを馳せるのにぴったりです。

そのほかのストーリー

More Travel

マカンGTSで国々を巡る、色褪せないひととき

ストーリーを読む

More Chill

壮大なドライブと絶景を求めて

ストーリーを読む

ストーリーを読む

718 Boxster GTS 4.0

走りの歓びを、さらなる地平へ。新しい718ボクスターGTS 4.0をご覧ください。

詳しく見る