メニュー
モデル
メニュー

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


カイエンSをファースト・レスキュー・オペレーション車両としてSUPER GTに提供

ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、株式会社GTアソシエイション(以下GTA)が主催するSUPER GTシリーズのファースト・レスキュー・オペレーション車両(以下FRO)として、カイエンSを提供します。車両の贈呈式は4月14日(日)にポルシェカレラカップジャパンおよびスーパーGT開幕戦の舞台となった岡山国際サーキットにおいて行われました。

FROはSUPER GTシリーズ全戦においてドライバー、ドクター、レスキュースタッフが乗車しレース中にアクシデントが発生した際、迅速に救助活動を行うことを目的としたドライバーレスキュー車両です。ポルシェ ジャパンでは2012年にカイエンSハイブリッドを、2015年にはマカンターボをFROとして提供していましたが、新たにカイエンSへと車両を入れ替えることで速やかな救助活動を実現し、GTAが取り組む安全性の高いレース運営に貢献いたします。

カイエンSはプレミアムSUVセグメント随一のスポーツSUVとして第3世代へと進化しました。パワフルなターボエンジン、新しい8速ティプトロニックSトランスミッション、新しいシャシーシステム、そして総合的なコネクティビティを備えた革新的なディスプレイとコントロールコンセプトを備え、デザインはアイコニックな911スポーツカーをベースにしています。最高出力320kW(440PS)を誇る2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載するカイエンSの最高速度265km/hに達します。

ポルシェジャパンが主催するワンメイクレースの最高峰、ポルシェカレラカップジャパンは授与式が行われた岡山国際サーキット(第1、2戦)に加えて5月3、4日(第3、4戦)および8月3、4日(第9、10戦)の富士スピードウェイ、5月25、26日(第5、6戦)の鈴鹿サーキットでのレースをスーパーGTと共催で行います。

<お客様からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911 / HP http://www.porsche.com/japan/

2019/4/18