メニュー
モデル
メニュー
Porsche - プレスリリースを読む

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


ポルシェの工場で太陽光発電を開始ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:ミヒャエル・マハト)は、ザクセンハイム(バーデン・ヴュルテンベルク)にあるスポーティなプレミアムカーのメーカーであるポルシェの中央スペアパーツ倉庫の40,000 ㎡の屋上にゴールドベック・ソーラーGmbH(ヒルシュベルク・アン・デア・ベルクシュトラーセ)が8,500個の太陽光発電モジュールを設置し、運用します。このシステムの実効発電量は2 MWとなっています。 発電された電力は電力会社であるE&W アイヒワルトGmbH(ビーティッヒハイム・ビッシンゲン)の電力網に供給されます。

「ポルシェにとって、漸進的な環境保護と資源の節約は、生産過程に限った優先事項ではありません。私たちの中央スペアパーツ倉庫にはエコロジー的なエネルギー生産のための理想的な条件が整っています」とポルシェAGの生産および調達担当役員であるヴォルフガング・ライムグルーバーは語ります。

モジュールの設置は2月末までに開始され、その後数週間で太陽光発電システムが電力網に接続される予定です。このシステムで1年間にほぼ2百万キロワット時の電力が発電され、これは4人世帯約500軒分の平均電力消費量に相当します。また、同時に年間約1,780トンのCO2(二酸化炭素)の削減にもつながります。このザクセンハイムの太陽光発電システムは、シュトゥットガルト地区で最も近代的で効率の高いシステムのひとつとなります。

2010/2/18