メニュー
モデル
メニュー
Porsche - プレスリリースを読む

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


ドイツ技術検査協会(TÜV)の報告書がポルシェの卓越した信頼性を証明ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.ヴェンデリン・ヴィーデキング)の911およびボクスターの卓越した長期品質が、独アウトビルト誌のTÜV報告書であらためて確認されました。これは、法定の各種自動車試験を行う認証機関であるTÜVが2008年に約800万台の車両の検査・試験を行った結果、最もよく見られた不具合についてまとめた詳細なリストであり、きわめて完全かつ有意義な報告書です。

TÜV報告書によると、ポルシェ911およびポルシェ ボクスターシリーズは、購入後経過年数4年から11年の全てのカテゴリーにおいて最も不具合の数が少なく、この2つのモデルが1位と2位のいずれかを独占する結果となりました。通常、不具合発生率は年を重ねるにつれて2桁のパーセンテージへと急激に増加するものですが、ポルシェのスポーツカーの場合は全モデルとも安定して低い割合にとどまっていることが特筆すべき点であるといえます。

この結果により、ポルシェは長期品質という点でも優れていることがあらためて証明されました。昨年度の調査においてもポルシェのスポーツカーは不具合発生率が少なく、911は2つの購入後経過年数カテゴリーにおいて1位に輝き、その他の2つのカテゴリーでも2位となりました。ボクスターは1位、3位、4位というカテゴリー結果でした。

こうした結果は、改革ではなく「進化」を重んじるポルシェの製品および開発理念によって得られたものです。開発プロセスの入念な計画と正確な実行により、大幅な技術進歩が達成され、顧客に出費を強いるリスクの回避が可能となっています。ポルシェのスポーツカーは卓越したドライビングプレジャーだけではなく、非常に長い走行年数にわたる信頼性や、永続的な価値も提供しているのです。その証拠に、特にポルシェ911は、どの世代のモデルであっても根強い人気があります。また、TÜVの統計によると、ポルシェのワークショップが提供するサービスの品質も高いレベルであることも証明されています。

2009/1/6