メニュー
モデル
メニュー

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


ポルシェカレラカップジャパン 2020 第3-4戦(菅生)予選レポート

ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社⻑:ミヒャエル・キルシュ)とポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェカレラカップジャパン 2020シリーズ第3-4戦の予選を、スポーツランドSUGO(宮城県)で2020年7月25日(土)に開催しました。

6月27〜28日の岡山国際サーキットで今シーズンの幕を明けたポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)2020は、約1カ月の間をおいてスポーツランドSUGOで第3-4戦を迎えた。SUGOでPCCJが開催されるのは2014年シーズン以来6年ぶりで、予選前日24日の専有走行の天候は晴れ、各車とも積極的な走り込みを行った。そこでトップタイムを記録したのは、2016年、2018年にPCCJで2回タイトルを獲得した#24 近藤翼で、午前1回目の走行で1分23秒958と唯一の23秒台を記録。2番手は#60 小河諒、3番手は#24 近藤翼が続く。プロアマクラスは、#24 近藤のチームメイトである#25 内山清士が1分25秒276とクラス唯一の25秒台を記録してトップに。また、アマクラスは開幕大会で2連勝を飾った#21 高田匠がトップタイムをマークした。

25日(土)予選日は前日の夜から降り出した雨で路面はウエットに。その状況下、各チームは8時30分からの予選に向けて準備を進めていたが濃霧が発生してコースは視界不良となり予選はキャンセルとなってしまう。そのため、25日(土)午後の第3戦、16日(日)の第4戦ともに、決勝のグリッドは第2戦終了時点のランキング順位で決定することになった。

ポールポジションは#31 上村優太、2番手は#24 近藤翼、3番手はPCCJジュニアドライバーの#20 石坂瑞基、4番手は#60 小河諒となる。プロアマクラスは、クラスポールポジションが#77 浜崎大、2番手が#98 IKARI、3番手が#25 内山清士。アマクラスはクラスポールポジションが#21 高田匠、2番手が#36 SKY Chen、3番手が#15 神取彦一郎となっている。

第3戦の決勝レースは25⽇(⼟)13時スタート、第4戦は26⽇(⽇)10 時45分スタートを予定しており、両日とも15周もしくは30分間で競われる。なお、決勝レースの模様はスポーツライブ配信メディア「Player!」で楽しめる。

「Player!」URL:
第3戦決勝 https://web.playerapp.tokyo/live/52532
第4戦決勝 https://web.playerapp.tokyo/live/52533

2020/7/24