メニュー
モデル
メニュー

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


ポルシェジャパンが 独自の充電インフラネットワークを展開タイカンオーナーのためのエクスクルーシブなチャージング体験

ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:ミヒャエル・キルシュ)は、ポルシェ電気自動車オーナー向けに、急速充電器を始めとする独自の充電ネットワークを日本全国にて展開します。

充電器モデルは、国内最速(※1)最大150kW級出力のCHAdeMO規格、急速充電器の「ポルシェ ターボチャージャー」とご自宅での利用を目的とした8kW出力の普通充電器「ポルシェ モバイル チャージャー」の2モデルです。ポルシェ ターボチャージャーは先駆的技術のリーダーである ABB社と共同で開発したもので、国内でもっともパワフルな150kWの出力により、タイカンの車載バッテリーを24分で80%(走行距離300㎞分)まで充電することが可能です(※2)。ポルシェ モバイルチャージャーでは、8kWの出力により約9時間で80%以上まで充電します。また、ポルシェの電気自動車は、日本国内の充電基準(急速:CHAdeMO、普通:J1772)に対応しており、高速道路のSA/PAや道の駅、駐車場等の公共施設にすでに設置されている20,000基を超える充電器での利用も可能です。
※1: 2020年5月現在、自社調べ。 
※2: タイカン4Sのパフォーマンスバッテリー(71.0kWh)を0から80%まで充電した際。気温や車両の状態によって変動する場合があります。


全国のポルシェセンターでは、様々なポルシェの充電器を設置しており、充電施設として利用可能です。ポルシェ ターボチャージャーは順次全国の販売店に設置されていく予定です(2020年内に21拠点設置予定) 。あわせて電気自動車を整備できる施設が整えられ、トレーニングを受けたメカニックも配備されます。


ポルシェ ターボチャージング ステーション
ポルシェジャパンでは都市型充電ステーションとして、東京・名古屋・大阪にポルシェ ターボチャージング ステーションを用意しています。150kW級出力のポルシェ ターボチャージャーを1カ所につき2基ずつ設置するのと合わせて、8kW出力のポルシェモバイルチャージャー コネクト(※3)を備えることで、短時間滞在用と長時間滞在用として使い分けることができます。
※3:設置数は各施設で異なります。またポルシェ モバイルチャージャー コネクトの設置は2021年後半の予定です。


ポルシェターボチャージングステーション設置施設(2020年中)
<東京>
・4カ所準備中
<名古屋>
・ヒルトン名古屋 地下駐車場内 
・ナゴヤ セントラルガーデン 第1駐車場内
<大阪>
・LINKS UMEDA(リンクス ウメダ) 地下駐車場内 
・あべのハルカス 地下駐車場内


ポルシェ デスティネーション
チャージング ステーション 長距離でのドライブにおいても充電の懸念は払しょくされます。ホテルやゴルフ場など、目的地となる場所に充電器を設置します。4時間程度の滞在であっても、100km以上の走行距離分を充電でき、ホテル等であれば夜間にバッテリーは満充電近くまで完了しています。ポルシェオーナーであれば無償で利用可能なこの充電器の設置施設は順次拡大していく予定です。


ポルシェジャパンによる電気自動車の充電ネットワークに関する詳細は下記URLよりご覧ください。
https://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/e-performance/

<お客様からのお問い合わせ先>
ポルシェカスタマーケアセンター 0120-846-911 / HP http://www.porsche.com/japan/

2020/6/4