メニュー
モデル
メニュー
Porsche - プレスリリースを読む

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


ポルシェが2019年の世界新車販売台数を10%増加グローバルで28万800台の販売台数を記録

ポルシェAGは、2019年の世界新車販売台数が前年比10%増の28万800台(2018年:25万6,255台)を記録したことを発表しました。モデル別では、カイエンとマカンのSUVモデルが大幅な伸びに貢献しました。カイエンは、2019年以降プラグインハイブリッドをはじめとする現行モデルが全ての市場において納車可能となり、春にはよりスポーツバージョンのカイエンクーペも市場に導入されました。これによりカイエンは、前年比29%増の9万2,055台となりました。マカンは、前年比16%増の9万9,944台でした。

セールスおよびマーケティング担当取締役のデトレフ・フォン・プラテンは次のようにコメントしています。「私達は、世界中のお客様のスポーツカーに対する熱意を示すこの素晴らしい結果を嬉しく思います。新しいアプローチによってブランドの魅力とお客様の体験をさらに強化することができたことを誇りに思います。多数の新型モデルと、好評のポルシェ初のフル電動スポーツカータイカンの予約注文によって、ポルシェに対する需要は2020年も高い水準を維持すると確信しています」

エリア別の新車販売台数では、ドイツ国内市場とヨーロッパ市場全体において前年比15%増と最高の成長を生み出しました。ドイツでは3万1,618台、ヨーロッパでは8万8,975台を記録しました。2つの最大市場である中国(前年比8%増の86,752台)と米国(前年比8%増の61,568台)でも大きく伸びています。つまり、ポルシェは、両市場の全体的な経済停滞の傾向を覆しています。アジア太平洋、アフリカ、中東地域では、前年比7%増の116,458台のポルシェ車が納車されました。

ポルシェAG
販売台数
年間
2018 2019 前年比
全世界 256,255 280,800 10%
ヨーロッパ 77,216 88,975 15%
ドイツ 27,541 31,618 15%
南北アメリカ大陸 70,461 75,367 7%
米国 57,202 61,568 8%
アジア太平洋、アフリカ 中東 108,578 116,458 7%
中国 80,108 86,752 8%


ポルシェの日本国内における2019年新規登録台数は、過去最高の7,192台(2018年:7,166台)でした。これによりポルシェジャパンは、日本の自動車市場で過去最高の台数を記録すると同時に10年連続で新規登録台数が増加した、唯一のブランドとなりました。<数値は日本自動車輸入組合、日本自動車販売協会連合会 調べ>


<お客様からのお問い合わせ先>
ポルシェカスタマーケアセンター 0120-846-911 / HP http://www.porsche.com/japan/

2020/1/14