メニュー
モデル
メニュー

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


ポルシェカレラカップジャパン第5-6戦(鈴鹿)予選レポート

ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェカレラカップジャパン2019シリーズ第5-6戦の予選を鈴鹿サーキット(三重県)で2019年5月25日(土)に開催しました。

天候:晴れ 路面:ドライ 気温:28度 路面:45度(セッション開始時)

2019年シーズンの第5-6戦の舞台となるのは、長年にわたってF1日本GPを開催している鈴鹿サーキット。第1-2戦は岡山国際サーキット、第3-4戦は富士スピードウェイで開催されてきたため、鈴鹿でのPCCJレース開催は今シーズン初となる。そして通常は、金曜日に2回行われている専用走行は木曜日に1回目、金曜日に2回目と2日間に渡って行われた。ここで総合トップタイムを記録したのは、金曜日のセッションで2分3秒734をマークしたPCCJジュニアプログラムドライバーの#19 笹原右京。非公式ながら、コースレコードの2分04秒194を大きく更新した。2番手はPCCJルーキーながらこれまで2回表彰台に上がっている#78 大滝拓也。続く3番手は現在ランキングトップに立つ#31 上村優太となった。上位3人は、SRS-Formula出身で鈴鹿育ちのドライバーとしての意地を見せた形となった。ジェントルマンクラスのトップタイムを記録したのは、クラスランキング3位に着ける#98 IKARIであった。

土曜日午前に行われた鈴鹿大会予選は20分間と通常より短いため、早い段階でタイムを刻む必要があったが、予選開始時の気温は28度、路面温度は45度にまで上昇。スーパーGTマシンが走行した後ということもあり、コースインしたドライバーたちは路面コンディションを確認しながら周回を重ねていく。そして、予選スタート5分過ぎから本格的なタイムアタックを開始。7分過ぎにまずは#19 笹原が2分4秒091のトップタイムをマークし、#78 大滝が2分4秒303、#31 上村が2分4秒379で続く。残り時間10分を切ると各車続々とピットインし、タイヤの内圧チェックやニュータイヤへと履き替えて、残り時間でのタイムアタックに備える。

残り時間5分を切るころ、各車はラストアタックへと突入。ここで#19 笹原はさらにタイムアップし、2分3秒812のニューコースレコードを記録。このタイムをターゲットに、#78 大滝と#31 上村はラストアタックに賭けるが、上回ることができずに#19 笹原のポールポジションが確定した。「練習走行からマシンの状態も良く、順調にタイムを刻むことができていたので、今日はコースレコードでポールポジションを獲得できて嬉しいです。決勝では、もちろんポール・トゥ・ウインを目指していきます」と#19 笹原は力強く語る。予選2番手の#78 大滝は、「最後のアタックでうまく攻めきれなかったのが悔やまれます。決勝ではトップチェッカーを受けられるように頑張ります」と語る。3番手の#31 上村は、「もう一歩、攻めきることができませんでした。決勝での巻き返しに期待してください」と言う。

ジェントルマンクラスのポールポジションは、昨年ポルシェGT3チャレンジカップのカテゴリーⅡでチャンピオンを獲得した#4 今田信宏が初めて獲得。「PCCJ参戦5戦目で初ポールポジションを獲得できて嬉しいです。決勝は、この勢いで初優勝を狙います」と喜びを語る。2番手の#25 内山清士は、「アタックラップでミスをしたこともあり、思ったタイムを出すことができませんでした。ローリングスタートは経験がないので、ミスしないようにしたいと思います」と決勝での巻き返しを誓った。3番手の#3 TAKASHI HATAは、「悔しいですね。決勝では表彰台のトップを目指して攻めていきます」と力強く語る。

セカンドベストタイムで決定した第6戦の予選結果は第5戦と同じく、#19 笹原がポールポジション、2番手は#78 大滝、3番手は#31 上村となっている。ジェントルマンクラスは、ポールポジションが#25 内山で、2番手は#4 今田、3番手は#3 TAKASHI HATAが獲得した。

決勝レースは第5戦が25日(土)16時35分〜、第6戦が26日(日)12時〜、両日とも10周もしくは30分間で競われる。なお、今大会はPCCJとポルシェカレラカップアジア(PCCA)が初めて同時進行で公式レースを開催するため、2戦ともPCCJとPCCA車両群の間に一定の間隔と時差を設ける形のローリングスタートを予定している。

2019/5/25