メニュー
モデル
メニュー
Porsche - プレスリリースを読む

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


2018年のポルシェ国内新車販売台数、過去最高の7,166台を記録グローバルでは初めて25万台を突破

ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:七五三木敏幸)は、ポルシェの日本国内における2018年新車販売台数が、前年比3.5%増の7,166台(2017年:6,923台)となったことを発表しました。これによりポルシェジャパンは、2009年から9年連続で年間販売台数増加を記録しました。<数値は JAIA(日本自動車輸入組合)調べ>

モデル別では、2017年に導入した4ドアスポーツカーである「パナメーラ 」の第2世代の販売台数が、過去最高を記録しました。また2018年中頃に導入したスポーツSUVの「新型カイエン」もこの伸張に大きく貢献しました。

ポルシェジャパン社長の七五三木敏幸は、次のように述べています。「2018年は、ポルシェ生誕70周年という記念すべきアニバーサリーの年でした。その大きな節目に、このような記録を達成できたことは、お客様のご支持あってのことと、大変感謝しております。そして高品質なサービスを提供した全国のポルシェ正規販売店の活動が、お客様の満足度を高めた結果と確信します。ポルシェジャパンでは、ポルシェ初の電気自動車『タイカン』の2020年国内導入に向けての取り組みや、スポーツドライビング体験提供の場として千葉県木更津市に設立する施設『ポルシェエクスペリエンスセンター』開設プロジェクトなど、より一層魅力的な企画を実施してまいります。」

ポルシェAGでは、2018年世界新車販売台数が前年比4%増の25万6,255台(2017年:24万6,375台)を記録しました。モデル別ではパナメーラの伸びがもっとも大きく、前年比38%増加となりました。ポルシェのアイコンである911もフルモデルチェンジ前にも関わらず、前年比10%増と引き続き熱狂的な支持を得ています。セールスおよびマーケティング担当取締役を務めるデトレフ・フォン・プラテンは次のようにコメントしています。「新型911の人を魅了する力はこれまで以上に強くなっています。2018年末にロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアを果たした新型911は、スポーツカーのアイコンとしての印象をより多くのお客様に与えました。」

ポルシェジャパンは、ポルシェ誕生から71年目を迎える2019年も、お客様の期待を越えた歓びを提供するために、ポルシェブランドの情熱と革新性をもって勇敢に挑戦し続けます。


<お客様からのお問い合わせ先>
ポルシェカスタマーケアセンター 0120-846-911 / HP http://www.porsche.com/japan/

2019/1/11