メニュー
モデル
メニュー

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


ポルシェ 911スピードスターコンセプトモデル: オープントップ、純粋、500PSを超える最高出力「ポルシェ スポーツカー70周年」を記念してワールドプレミア

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)はツッフェンハウゼンで開催される「ポルシェ スポーツカー70周年」公式祝賀会の一環として、911スピードスターコンセプトのワールドプレミアを行います。

ポルシェ スポーツカーの誕生70周年を記念した911スピードスターコンセプトは、非常にエキサイティングなオープントップスポーツカーの公道仕様スタディモデルです。この車は、その純粋なコンセプトと歴史的な継続性によって、ポルシェ ブランドの本質を明確に反映し、1948年6月8日に登録された初代ポルシェ 356 “No.1” ロードスターと今日のポルシェ モデルの間をつなぎます。新しいスピードスターが重視するのは純粋な運転体験です。ツートンシェルに覆われたドライブテクノロジーは現行型のGTモデルに基づいており、911 GT2 RSやGT3 RSが生まれたヴァイザッハのポルシェ モータースポーツセンターで開発されました。このコンセプトカーの生産型は2019年まで公開されることはありませんが、将来的な市販車としてのポテンシャルを垣間見ることができます。市販化を進めるか否かの判断は、今後数ヶ月以内に決定されます。

911スピードスターコンセプトの特徴には、いっそう傾斜したフロントウインドウと短いウインドウフレーム、またこれに合わせて短縮されたサイドウインドウなどが挙げられます。こうした特徴が、このコンセプトカーに非常に低いフライラインを備えた力強いプロフィールを与えます。これは、ポルシェ356 1500スピードスターなどの過去のモデルを彷彿させます。フロントシート後方では、1988年の911スピードスター以来の伝統的なエレメントである「ダブルバブル」カーボンファイバー製リアカバーが、ロールオーバープロテクション構造を覆います。「バブル」間の対照的な2つのブラックスラットは空力機能を付加し、透明なプレキシガラス製ディフレクターには“70 years of Porsche”ロゴが刻印されます。

さらに、911スピードスターコンセプトは、歴史的オリジナルモデルのように、コンバーチブルトップの代わりに軽量トノカバーを備えます。駐車時に車内を雨から守るこのカバーは、8個のTenaxファスナーで取り付けられます。スピードスターフィロソフィの核となる軽量設計は、ナビゲーション、ラジオ、およびエアコンシステムの全てが排除されたインテリアに受け継がれています。フルバケットシートはカーボン製で、コニャック356のライトブラウンのアニリンレザーカバーは、先代ゆずりのクラシックな仕様です。

コンセプトカーのワイドなボディは911 カレラ4カブリオレから採用されており、フェンダー、フロントフード、およびリアカバーは軽量の炭素繊維複合材料でできています。GTシルバーとホワイトの伝統的なボディカラーは、フロントフード中央に配置された50年代スタイルのセンター燃料タンクキャップ、クラシックなタルボ形状のドアミラー、あるいはヘッドライトのユニークなデザインなど、丁寧に仕上げた他の多くの細部と同様に、かつてのポルシェ レーシングカーを想起させます。十字型のような効果を生み出すヘッドライトカバーの表面処理はポルシェ モータースポーツの黎明期に普及した、飛び石による破損を防ぐためヘッドライトにテーピングを施すという慣例への敬意を表したものです。ワイドなBピラーと車体後部は、圧延金メッキされた“Speedster”のレタリングで飾られています。

911スピードスターコンセプトは、最先端のコンポーネントを備えています。シャシーは911 GT3由来で、フックスデザインの21インチホイールはハイグロスポリッシュのクローバーリーフが細かなコントラストを生み出します。このタイプのホイールとしては、初めてセンターロック方式を採用しました。チタン製テールパイプを備えたエグゾーストシステムと6速マニュアルトランスミッションを含むパワートレインも、最新のGTモデルから受け継いでいます。このミニマリストのコンセプトカーに搭載される水平対向6気筒エンジンは、最高出力500PSを発生し最高回転数は9,000rpmに達します。


米国で始まったポルシェ スピードスターモデルの歴史
オープントップのドライビングプレジャーと抜群のドライビングダイナミクスを兼ね備えたスポーツカー派生モデルのスピードスターは、1952年以来、ポルシェの歴史の一部となっています。ポルシェ スピードスターモデルの先駆となる356 1500アメリカロードスターは、完全にハンドメイドのアルミニウム製ボディを採用し356クーペより60kg軽量でした。最高出力70PSの水平対向4気筒エンジンによる175km/hの最高速度は、当時としては偉業とも呼べるものでした。米国市場向けに開発されたこの車は、わずか16台が製造され、ドアのスロットインウインドウ、折りたたみ式レインカバートップ、および軽量バケットシートを備え、スピードスターデザインのいくつかの主要エレメントがすでに具現化されていました。

2010年までに、8つのシリーズとスペシャルモデルが「スピードスター」の名称で製造されました。356A 1500GSカレラGTスピードスターは1957年に、1988年には初代911スピードスターが続きます。2010年に356台が製造されたタイプ997の911スピードスターをもって、スピードスターモデルの生産は中断されていました。


「ポルシェ スポーツカー70周年」 – 特別展と数々の活動
ポルシェ ミュージアムの特別展では、ポルシェがスポーツカーの開発に大きな影響を与えてきた1948年から今日に至るまでの数多くの物語とマイルストンを展示しています。その目的は、過去70年間にわたるポルシェの目覚しい躍進にハイライトを当てることにあります。

2018年、ポルシェはさまざまな活動を通してこの記念すべき年を祝います。ポルシェは世界中のファンの皆様と共に6月9日を“Sports Car Together Day”として祝福します。6月16日–17日の週末には、従業員、ツッフェンハウゼンの住民、および将来のお客様をシュトゥットガルトの工場周辺で開催される祝賀会に迎えます。

7月12日–15日にイギリスのグッドウッドで開催される“Festival of Speed”、9月27日–30日にカリフォルニアで開催される“Rennsport Reunion”でも70周年記念を祝います。10月13日にシュトゥットガルトのポルシェ アリーナで初開催される“Sound Night”のイベントで祝賀会はフィナーレを迎えます。


<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ http://www.porsche.com/japan/

2018/6/9