メニュー
モデル
メニュー

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


ポルシェ ジャパンが新トレーニングセンターの開設を決定ミッションEなど新たなテクノロジーへの対応を目指し2019年1月の完成を目指す

ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、車両電動化を筆頭とした新時代のテクノロジーに対応可能な人材を育成するための施設として、2019年1月の新トレーニングセンター開設に向けて本日、地鎮祭を行いました。

ドイツのポルシェ本社では中核となるスポーツカービジネスに加え、ポルシェ初のフル電動スポーツカーであるミッションEとその派生モデル、および現行モデルレンジのハイブリッド化とフル電動化、そして充電インフラとスマートモビリティ開発を含むE-モビリティ全般に対し、2022年までに60億ユーロを超える投資を予定しています。

ポルシェ ジャパンでも未来に向けての投資として、2020年に日本導入を予定しているミッションEや現行モデルの電動化、そしてポルシェコネクトを始めとするコネクティビティなどのデジタル化に対応できる販売店の人員を育てるための投資として、新たにトレーニングセンターを開設することを決定いたしました。

2002年7月より新横浜駅近くで稼動しているポルシェ ジャパン トレーニングセンターでは、現在にいたるまでポルシェ正規販売店のサービスネットワークにおける技術研修および人材育成の拠点として活動を行っています。

新しいトレーニングセンターの開設についてポルシェ ジャパン社長の七五三木 敏幸は、「すでに導入されているポルシェ コネクトに代表されるデジタル化、そして約2年後に控えたミッションEの日本導入をはじめとする電動化など、ポルシェを取り巻く環境は我々の想像をはるかに超えるスピードで進んでいます。ポルシェ ジャパンでは新たなテクノロジーに対応するのみでなく、さらなる将来を見据えた人材を育成するための投資として、新しいトレーニングセンターの開設を決定しました。これにより今後もポルシェのプロダクトと同様に、最高品質のアフターサービスをお客様に提供することが可能になります」と述べています。

最新のポルシェCIに準拠した新トレーニングセンターは4月16日より着工し、2019年1月の使用開始に向けて工事が進められる予定です。

◎ ポルシェ ジャパン新トレーニングセンター概要 *カッコ内は現トレーニングセンター
住所 :神奈川県横浜市港北区新横浜一丁目
延床面積 :1,920㎡ (470㎡) 
トレーニングルーム:実習2、座学7 (実習2、座学3)
ベイ数 :リフト4、フラットベイ2 (リフト2、フラットベイ0)
*準備室にリフト1、フラットベイ1

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ https://www.porsche.com/japan/

2018/5/22