メニュー
モデル
メニュー

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


ポルシェ エクスペリエンスデイ2018を開催ポルシェ誕生70周年を富士スピードウェイでお祝い

東京. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、6月16日(土)、17日(日)に富士スピードウェイにて「Porsche Experience Day 2018(ポルシェ エクスペリエンスデイ 2018)を開催いたします。2回目の開催となる今回は、ポルシェブランドの誕生から70周年というアニバーサリーを、ポルシェ オーナー、ファンの皆様とともにお祝いをするイベントとして様々な企画をご用意しています。

ポルシェ エクスペリエンスデイ 2018はポルシェ ジャパンがブランドの核をなす活動として主催してきたポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)とポルシェ カレラカップ アジア(PCCA)が共催される「ザ・ワンメイク祭り2018富士」において、多くのポルシェ ユーザーおよびポルシェ ファンの方々にポルシェ モータースポーツおよびプロダクトを体感していただくためのイベントです。今年は、1948年6月8日にポルシェの名を冠した最初の車であるポルシェ356 No1ロードスターが登録されてからちょうど70周年を迎えます。これを記念して世界中で様々な催しが開催されますが、ポルシェ エクスペリエンスデイ 2018は日本における70 Years of Porsche Sportscarを祝福するイベントです。

ポルシェ エクスペリエンスデイ 2018ではPCCJ、PCCAのシリーズ戦の他、エキシビションとして両シリーズの混走レースを行うほか、1986年のパリダカールラリーでジャッキー・イクスがドライブし、総合2位となったポルシェミュージアム所有のポルシェ959を展示いたします。またル・マン24時間レースにおいて2015年から3連覇を果たしたLMP1カー、ポルシェ919ハイブリッドの特別仕様車、ポルシェ919 tributeの展示およびデモランを行う予定です。ポルシェ919ハイブリッドは昨年をもってWECおよびル・マンへの参戦を終了いたしましたが、この度の919 tributeによる富士でのデモランは919ハイブリッド トリビュートツアーの一環として行われるものです。

また参加型プログラムでは富士スピードウェイの本コースにおけるパレードランやポルシェのラインナップをお楽しみいただける試乗会、そしてポルシェ スポーツドライビング スクールなどのプログラムを用意するほか、アパレルからミニカーまで幅広いラインナップと取り揃えるポルシェ ドライバーズ セレクションの販売など数多くのプログラムをご用意いたします。

ポルシェ エクスペリエンスデイ 2018に関するこ参加/ご入場については、下記URLより詳細をご覧の上、全国のポルシェ正規販売店へお問い合わせ下さい。

http://www.porsche.co.jp/experience_day2018/

2018/5/14