メニュー
モデル
メニュー

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


Inno-Spaceによって新たな品質のベンチマークを 打ち立てるポルシェ品質管理に革命をもたらす拡張現実(AR)

ドイツ. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は、過去70年にわたって卓越した品質基準を備えたトップクラスのスポーツカーメーカーの代名詞となってきました。これまで生産されたポルシェ車の約3分の2が現在も路上を走り続けていることが、その証明です。ポルシェは、ライプツィヒ工場にオープンしたばかりのInno-Spaceイノベーションエリアにより、未来に向けた品質管理に取り組みます。この2月に初のイノベーションである拡張現実(AR)を使用したルック&フィールテストが実施され、年内に生産工程に統合される予定です。このテストは規定された完成度からの偏差を示すために迅速で信頼性の高い手段を提供し、時間の節約と品質分析の大幅な改善を可能にします。

Inno-Spaceは品質管理における現在と未来の間の橋渡しとなり、工場の生産工程に転換するためのイノベーションの開発と確立を可能にします。このエリアでは専用工場のIT環境がシミュレーションされており、後に管理された方法で工場に連結して新開発を生産に統合することができます。品質管理チームと連携する社内のITチームが、これらの新しいテクノロジー、アプリおよびプロセスの背後の原動力となっています。「当社は、Inno-Spaceによって、工場の通常工程を中断することなく未来の先駆的コンセプトを設計およびテストすることができます」とポルシェAGの生産およびロジスティック担当取締役のアルブレヒト・ライモルドは述べています。将来に向けた品質管理作業のイノベーションのテストには安全な環境が使用されており、チームはさまざまな大学や新興企業と協力します。ポルシェは、ドレスデンを拠点とする新興企業のGTVとの提携によって、拡張現実(AR)を品質管理のテクニカルプラットフォームとして使用しています。

拡張現実(AR)ルック&フィールテストは、Inno-Spaceに由来する新しいイノベーションがどのように開発され、実施に至るかを示す代表例となります。GTVは、生産工程の各段階においてルック&フィールテストで見つかった不具合を取り込み、車両の画像にそれを重ね合わせるためのタブレットアプリを開発する目的でフラウンホーファー研究機構と連携しています。最初に車両の各CAD データがアプリに読み込まれ、タブレットのカメラはコンポーネント上に固定されます。CAD の画像がライブ映像上に重ね合わされて、不具合や偏差が可視化されます。データベースには、接合部など、その他のパラメーターの詳細も含まれています。接合部の場合も、ライブ映像とCADの画像を比較して、必要な基準を満たさない接合箇所がハイライトされます。テスト工程がパートナーや拠点にリアルタイムでストリーミング配信されるというメリットもあります。同時に、検出された不具合は、工場の集中データベースに保存され、全世界で利用することができます。「この機能は、単なるテスト工程を遥かに凌ぐ多数のメリットが得られます。タブレットがネットワークで結ばれることによって、ビデオ会議でサプライヤーの品質監査を迅速に行うことも可能になります」と、ポルシェ ライプツィヒ工場の品質部門責任者で、研究機関との連携による拡張現実プロジェクト実行責任者のアンドレアス・シュミットは話します。

ポルシェは、このようなイノベーションによって品質管理へのアプローチを継続的に発展させており、多くの場合、他社に対するベンチマークを確立しています。「最高の品質は、お客様が期待されるポルシェ ブランドのアイデンティティにおいて不可欠な要素です。ポルシェが提供する品質は、あらゆるプロジェクトの段階と全てのエリアにおいて、完璧なスポーツカーの製造に対する情熱と精密性に基づく大きな努力の結果です。当社は、品質に対し、あらゆる細部の核心まで踏み込みます。これがポルシェ ブランドを特徴づけるアプローチです」とポルシェの企業品質責任者であるフランク・モーサーは述べています。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ https://www.porsche.com/japan/

2018/2/14