HOME

メインナビゲーション
モデル
911
Panamera
Cayenne
Porsche - プレスリリースを読む

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


上半期の好調な業績によって未来へと向かうポルシェ従業員数が12%増えて29,000人を超える

ドイツ. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)の2017年上半期における営業利益、売上高、販売台数、および従業員数は増加しています。上半期の営業利益は16%増の21億ユーロ、売上高は8%増の118億ユーロでした。営業利益率も前年下半期の16.8%から18.1%に増加し、販売台数は7%増の126,497台に達しました。従業員数は12%増の29,280人となりました。

「ポルシェの優先事項はお客様を喜ばせ、従業員のために持続可能な仕事を確保することにあります。力強い財務状況は未来のために確かな基盤を生み出します。ポルシェは、ニュー911 GTS、911 GT3、911ターボSエクスクルーシブ、および911 GT2 RSを含む現行ラインナップの純粋で情熱的なスポーツカーに期待しています。さらに、プラグインハイブリッドやE-モビリティなどの未来のテクノロジーにも同様に力を注ぎます」とポルシェAGの取締役会会長を務めるオリバー・ブルーメは述べています。

財務およびIT担当の取締役会副会長であるルッツ・メシュケは、長期の為替ヘッジ戦略と、さらに最適化された費用構造による効率的な組織が有益な成果をあげていることを強調しつつも、上半期の非常に好調な業績を今後維持することは難しさをともなうとも推測しています。「私達はミッションEが2010年代の終わりに発売された後、ようやくポルシェ初となる純粋なエレクトリックスポーツカーの開発とツッフェンハウゼン工場拡張のために投じた多額の投資に対する利益を享受ことになります」とメシュケは述べています。ポルシェはミッションEに10億ユーロの投資を行い、1,200を超える新しい職を創出します。さらに、ポルシェは未来のテクノロジーとプラグインハイブリッドドライブの開発に数億ユーロを投じます。「これは大変なチャレンジで、高水準の利益を維持しながら同時に多額の投資を管理することになります」とメシュケは続けます。

2017会計年度に関してブルーメとメシュケは、為替レートが安定している限り、年度末の業績が前年の高水準をやや上回ると予想しています。さらにポルシェは、営業利益率を最低でも15%の水準で継続させるという戦略的目標の達成もすることになります。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ (http://www.porsche.co.jp)

2017/7/31